【debian】結局debianのデスクトップマネージャーを何にするか fluxbox

タイトルのとおり、結局はDebianにどんなデスクトップマネージャーを載せるかが、
焦点となってきました。
Debianのデスクトップマネージャーといえば、KDE GNOMEが双璧となるようです。

しかし、私のノートブックは比較的新製品ながら、あまり無茶もできません。

かといってplasma netbook等はまだ洗練されているとはいえない。

では、Debianで軽いデスクトップマネージャーはなにかと、考えると
おのずと、fluxboxへと行き着きました。

ネットでいろいろみてると、操作性に難を示す方もいれば
絶賛される方もいらっしゃるようです。まあ、結局は私が使いやすいかが
一番の問題なので、実際使ってみることに。

事前の調査から見ると、最小限のDebianから構成するのは今期が要りそうです。

ブログでは紹介しきれませんが、結構いろんな可能性をためすために
いろいろやってます。ソフトいれてみたり、Debian何度再インストールしたか。
それで、そろそろ気がついてきたのはlinuxの初心者があまり最小限の構成から、
OS環境を構成するのはやめたほうがいい。という結論です。

勉強という意味ではいろいろ学びましたが、実作業の工数においては
高い授業料を払った思います。

そこで学んだのは、「初心者は初心者らしく、ある程度構成されたものを使う」

という当たり前といえば、当たり前のことです。

ボトムアップ式に積み重ねるのはではなく、大きな塊をまずは受け入れて、
少しずつ、トップダウン的に減らしていくっていう考え方が初めての方には
良いようです。これからlinuxを始めようとされる方へ、少しでも
アドバイスとなればよいかなと思います。

というわけで、話がずれましたが、今回は、Debianのインストールの際に、
基本構成と、ラップトップ、デスクトップ環境をインストしています。

fluxboxにおけるグラフィックがらみのトラブルを極力さけるのが目的です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク