【Kindle日替わりセール】毎日の英文法 頭の中に「英語のパターン」をつくる

スポンサーリンク

個人的な英語の勉強法として

極端な話、一番いいのは、現地に行ってしまうこと。

だと思います。

理由は「使わざるえないから」

必要こそ、最大の勉強のモチベーションですから。

ただ、誰もが「現地へ行く」なんてことは無理です。

それで色々勉強法があるわけですが、個人的に「日本の英語教育」は捨てたもんじゃない。と思っています。

なぜなら、大学で専門的な英語教育を受けてない私が、「高校・中学」の英語教育だけでしばらく海外で生きていけたからです。

非常に個人的な意見です

もちろん、現地で色々学びましたが、そのベースは義務教育の英語です。

その時思ったのは、英語に必要なのは、「単語」と「文法」です。

ヒアリングも大切ですが、個人的には「知らない単語や文法は、聞き取れない」と感じています。

また、話すにしても「知らない単語も文法も使いようがない」わけでして。

最近の「聞いて覚える」という某プロゴルファー推薦の英会話プログラムを知人に聞かせてもらったこともあるのですが、これも「ヒアリング」を主体としてましたが、「聞いて英文法や単語」を覚えている。と、解釈しました。

その反対で、洋楽。これをずっと聞いていてもおそらくヒアリングはそんなに上達しないはずです・・・。多分。

日本の英語教育がダメという批判はもう長い間、続いていますが個人的には「ダメ」だとは思ってません。

ダメなのは、「使う機会」が無いことだと思います。言葉は使わないとすぐにダメになります。実際、英語を使わない生活を続けている私はもう全然はなせなくなりました。

あと、ちゃんとしゃべる機会が無いから、発音も・・・。私も発音はひどいはず・・・。

逆に、ですが、「母国語だけで生きていける」というのはすごく幸せなことだと思います。(以前、バングラディッシュの方が母国語だけでは生きていけないと言っていました。)

さて、そうは言っても多くの言語を知ることは悪いことだと思いませんし、むしろ良いことだと思います。

そんな勉強として、あらためて、「文法」に向かってみるのはいかがでしょう?ということで、今日の日替わりセールです。

最後にこれも、個人的な予測ですが、IT関連の方はすでに大部分そうかもしれませんが、数年のうちに日本語ドキュメントだけではどうしようもない時代が来るんではないかと思ってます。

日本語ドキュメントを待っていたのでは、追いつかない時代が来るような気がしています。せめて、アウトプットは出来なくてもリーディングの力は上げておきたいなあと。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク