【Kindle日替わりセール】僕と日本が震えた日

スポンサーリンク

被災地は復興ではなく、復旧を望んでいる

身近な震災の影響を詳しく取材したレポ漫画

3.11というと、やはり大津波や原発事故などがイメージとして大きいです。

特に九州という土地に住んでいると、東北というのははるか向こうの土地です。

もしかしたら、一生行く事のない土地かもしれません。

そんな九州から遠く離れた土地で「身近な震災」を詳しく追った書籍です。

自分たちの生活の延長線上で起こった震災を作家の鈴木みそさんが、詳しくレポートしています。

これは、自分が今いる場所とは関係なく、生活の延長線上で起こっている震災を知ることができます。

出版業界の被害や、科学の未来に起きた影響、経済から見た震災と復興。食における汚染やガイガーカウンターの使い方など、自分たちが生活する上でどこかつながりのあることや、将来のことなど「遠い」とは思わないところで起きた震災が描かれています。

見出しにもしましたが、「被災地は復興ではなく、復旧を望んでいる」という言葉はとても個人的に感じていた「復興」という言葉のピンと来ない部分を綺麗に埋めてくれました。

震災と復興と今の自分という立ち位置を考えるためには、良い書籍ではないかと思います。

日替わりセールで、199円です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク