WordPressの表示速度を早くする4つの方法(その3)【Header clear編】

スポンサーリンク

前回のcompressionと同じなのですが、今回のは「JSやCSS」をまとめてくれるプラグインです

JavascriptやCSSの読み込みもwordpressに置いては、サイト表示に時間のかかる理由です。

この「Header clear」はそうした部分を改善してくれます。

要は、分化してしまったJSやCSSをひとつにまとめたり、それをキャッシュしておいて、再利用したりすることでサイトの表示速度をアップしてくれます。

インストールはいつものwordpress管理画面から「プラグイン」「新規追加」から検索で「Header clear」を検索します。

インストールしたら、有効化しておきます。

このツールは日本語化されていますが、ひと通り設定項目を解説すると、

CSS と JavaScript を、サーバ上にキャッシュする

独自のファイルを書きだして、キャッシュしてくれます。これは、チェックを入れておきます。

CSS、JS を動的生成する

これは、名前が紛らわしいですが、キャッシュの期限を設定した上でgzipを圧縮転送する設定です。チェックを入れておきます。
※基本チェックを入れますが、サイトによってはIEで画像などちゃんと表示されないこともあるので、注意してください。

CSS に適用するデフォルト media 属性

こちらは、特に問題無さそうなのでとりあえずスルーです。

複数の CSS を結合する

CSS 内の不要なものを削除。こちらも可能な限りチェックします。ただし、表示の崩れが起きるようなら回避しておきます。

CSS を最適化する

まったく同上ですが、こちらも可能な限りチェックします。ただし、崩れが起きるようなら元に戻します。

CSS に含まれる画像の URL を、データスキーマ URI に変換する

Chrome、FireFox、Opera系の CSS で読み出す小さい画像をデータスキーマURLとすることで、動作を軽くする設定。チェックを入れておきます。

複数の JavaScript を結合する

Javascriptのファイルを一括でまとめることで、回線の転送回数を少なくします。チェックを入れておきます。
これも表示が崩れるようなら、やめます。

JavaScript を小さくする

JS内の不要なものを削除します。基本的にはチェックを入れておきます。

<head> 内の JavaScript を、フッタ領域に移動

HTMLは上から読み込まれて処理されますが、JSなどが先頭に多くあると画面表示が遅くなってしまいます。そういったデメリットを回避するためにフッターへと移転させます。

Google Ajax Libraries を利用する

jQyeryをWordpressが利用しているものではなく、Googleが提供しているGoogle Ajax Libraries から取得します。チェックを入れておきます。

XML 宣言を付与

これは、チェックしてません。IE6以外では、XML宣言文を先頭に付与してくれるらいいですが、すでに既存のものがあるので。既存のものがアレば、既存のものが優先されるそうですが、スルーで。

メタタグ “canonical” を追加

これは、重複した記事などの「元」を検索エンジンに教えてあげる設定です。個人的にはチェックしていません。理由はチェックすると、元のページを教えてくれるのはいいのですが、URLがhttp://zaka-think.com/?id=11111のようなID指定のページになります。記事はあると言えばあるのですが、URLを日本語で置いている意味がなくなるのでパスです。

設定が必要そうなポイントは以上です。

その他にも設定はありますが、パラノイアモードは、必要以上にソースを小さくされ、崩れる可能性が高いのでチェックしません。デバッグモードも基本、通常運営では使用しません。

また、設定画面の下側にいくつか除外設定がありますが、こちらは上記設定から除外する場合のみ選択します。

次回の記事は⇒WordPressの表示速度を早くする4つの方法(その4)【日本語ファイルキャッシュ編】 です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク