【BackWPup】WordPress でバックアップをとる BackWPup の使い方

スポンサーリンク

WordPress 4.0 になったことですし

と、Wordpress 4.0 といっても、実際は大きなメジャーアップデートではないそうで。

ちょっと、更新する際に「お。これは、何か大きく変わったのか?」と、更新にいつもより警戒度を高めたのですが。

これは、3.1 → 3.2 と、変わるうちに、10進法的に繰り上がっただけだそうです。

ちょっと、ソフトウェアで一般的なメジャーアップデートのカウントとは違うようです。

とはいえ、アップデートには気を使うわけで

とはいっても、アップデートは「気軽に」というわけにもいかなかったり。

もしものことを考えて、バックアップなどはちゃんととっておきたいですよね。

ということで、ちょっと勘違いもありましたが、Wordpress のバックアップを「プラグイン」で行ってみることに。

BackWPup を使ってみる

これまで、バックアップといえば「手動」でやっていました。

手動というのは、自分で DB をphpmyadmin をつかったり FTP でファイルをダウンロードしたり。

というやり方です。

まあ、今後もこの手は使うと思うのですが、ちょっとめんどくさい。

WordPress の更新は結構頻繁にあるので、案外大変です。

なので、もっと手軽な方法として、「プラグイン」をつかってのバックアップ

というのを考えてみました。

そこでチョイスしたのが BackWPup 。

検索すると、使い方の記事が多く出てきます。

BackWPup 実際導入してみる

WordPress のプラグインですので、導入は簡単です。

「プラグイン」 > 「新規追加」 > 「BackWPup」を検索です。

検索で見つかったら、あとはインストールです。

BackWPup-install

インストールが完了すると、こんな画面が。

BackWPup-installed

あとは、細かくバックアップの対象やら、設定を選んでいきます。

バックアップするのは「ファイル」と「データベース」

WordPress はざっくり言ってしまうと、PHP と HTML(ファイル)と記事や設定が記録されている データベースにわかれます。

なので、バックアップもざっくり分けると「ファイル」と「データベース」にわかれます。

とりあえず、「BackWPupのメニュー」は以下の感じです。

BackWPup-menu

新規に使うには、「Add new job」から入ります。

設定画面は日本語にならないのか

調べてみましたが、日本語化用の.moファイルは2013年のものがあるようです。

情報的に古そうなので、今回はパス。

そうむずかしい英語でもなさそうなので、そのままで良いかなと。

まあ、本当なら日本語の方が直感的な理解がしやすいんですけどね。

BackWPup を設定する

General

「Add new job」へ入ると、タブで設定項目がわかれていますが、まずは「General」の項目。

以下、個人的に設定してみた内容です。

必ずしもこうする必要があるというわけではなく、とりあえずこうしてみました。

程度の設定です。

BackWPup-general

今回は、バックアップの保存先を Dropbox に。

特に深い理由はないです。

最近使ってないので、容量あるしなあ。程度の理由です。

Dropbox に設定した場合は、あとで Dropbox の認証を設定する必要があります。

Schedule

バックアップは手動でも、定期的でも実行できます。

また、WP-CLI からバックアップの実行を支持できます。

個人的には、「手動」でやるつもりですが、定期的に実行する場合は

「with WordPress cron」で設定します。

チェックをいれると、タイムスケジュールがでてくるので、アクセスの少ない深夜などに設定しておきます。

BackWPup-schedule

赤枠は、「毎日」「夜中 3 時」の設定です。

DB Backup

バックアップするテーブルを選択できます。

必要なものを選択します。

よくわからない場合は全部選択しても良いかと思います。

Files

ファイルバックアップで不要なものがあれば「チェック」を入れたり、外したりして必要なものを選択します。

これもわからない場合は、とりあえず全部選択します。

逆に「Exclude」 は除外。という意味なので、この項目はチェックするとバックアップから除外されます。

Plugins

プラグインリストです。

特に設定することはないかも。

To Dropbox

バックアップのファイル先を Dropbox にすると出てきます。

BackWPup-dropbox

dropbox にアクセスできるように認証しておきます。

基本的には「full Dropbox」のボタンを押せばダイジョブかと。

これで、設定は簡単ながらひと通り完了です。

スケジュールで管理している場合、その時間になればバックアップが実行されます。

それまで待てない。

という方は、最初の「メニュー一覧」の Jobs を選択。

今、設定した Job があるので、「Run now」で手動実行できます。

BackWPup-runnow

確認のためにDropboxをみてみると

バックアップファイルができてました。

BackWPup-backup-file

ダウンロードして、ファイルを解答してみると、ちゃんと「Wordpressのファイル」と「データベース」が保存されていました。

これだと、手軽にバックアップが作成できますね。

バックアップしなきゃなー。

と、言う方は一度試されてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク