Windows10 スクリーンキーボードを起動させない方法

スポンサーリンク

Windowsの謎設定?

個人的にWindows上での謎設定がこの「スクリーンキーボード」。

特になにもしないでいると、PCの起動時や、アプリの立ち上がりの際に立ち上がってきます。

毎回「×」で閉じるのもストレス。

タッチパネル式の端末であれば役立つこともあるんだと思いますが、キーボードとマウスで操作する人にとっては邪魔な存在です。

どっちの設定?

こちらの設定、どこの設定を切ればよいのか微妙にわかりにくいです。

ネットを調べても2つ別々に紹介されているケースが多い。

まずひとつは「Windowsの設定」から行うもの。

いわゆる画面左下のウィンドウズボタン(かつての「スタートボタン?」)をクリックすると出てくる

この歯車マークから行ける設定です。

こちらの簡単操作内にスクリーンキーボードの設定があります。

画面左側のナビゲーション項目から「キーボード」を選択すると、右側にスクリーンキーボードの設定項目があるのでこちらをオフ。

で、解決してくれたらいいのですが、こちらの設定をオフにしても、スクリーンキーボードは起動してしまいます。

これじゃないのか…

コントロールパネルから設定する

最近のWindowsの設定は上記の設定と、このコントロールパネルからの設定の2つに分かれていて非常にわかりにくいです…。

昔からWindowsを使っているユーザーにとってはこちらのコントロールパネルのほうが馴染みはあるのかなと。

スクリーンキーボードもこちらコントロールパネルに設定があります。

これは以前からですが、コントロールパネルは「カテゴリ表示」と「アイコンの一覧表示(大きい or 小さい)」で表示方法が切り替えられます。個人的には一覧のほうが使いやすいのでそちらで説明しますと。

コントロールパネル(画面左下の検索窓コルタナ?に入力すると出てきます)から、「コンピューターの簡単操作センター」から設定します。

 

よくよく考えてみると、コンピューターの簡単操作センターという名前の意味不明感は半端ないですね。

こちらクリックすると選択肢がいくつか出てくるので、その中の「マウスやキーボードを使わずにコンピューターを操作します」という項目を選択。

これまたキーボードもマウスもなしでPCを操作するという荒行ですが、タッチスクリーンのことを言ってるのでしょうか?

確かに既存の入力装置が故障した時などは助かるのかもですが…。

こちらを開くとようやく設定があります。

スクリーンキーボードを使用しますのチェックを外して「適用」ボタンを押して設定完了です。

これでようやくスクリーンキーボードのストレスから解放してもらえます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク