Windows 10 で「CTRL + SPACE」でのIME 切り替えできるように設定してみる

スポンサーリンク

まともにWindows OS を使うのは多分 XP 以来

お仕事でwindows PC のほうが便利が良さげな状況が出てきました。

そこで、今まで Linux マシンとして活用してきた ThinkPad x1 carbon(初代)を Windows マシンへ戻すことに。

とはいえ、お仕事で Windows を使うとなったのは何年ぶりでしょうか。

お仕事で使ったのは、多分 XP 以来のこと。

久しぶりすぎて、ほとんど初心者状態です。

いろいろセットアップのこともあるのですが、環境がかわると普段使い慣れた操作ができないものです。

その中でもストレスを感じるのが、キーボードショートカット。

特に、日本語の切り替えはやり方が代わってしまうと使いづらいのですが。

今回は、Windows10 で「Ctrl+Space」にて半角入力、全角入力を切り替える設定をやってみました。

Google 日本語入力を入れる

今回の設定はGoogleの「日本語入力」を使っていることを前提としています。

ちなみに、Linux で使っているのは、Mozc。

実際は違うらしいですが、Windows の世界で言えば「Google 日本語入力」です。

兄弟みたいなものでしょうか。

こちらも Google のサイトからダウンロード&インストール。

日本語入力の切り替え設定

日本語キーボードを使っている場合はこの必要はなかったりするのですが。

windowsでもMacでも、「日本語入力」と「半角英数字」を切り替えをする場合は「半角/全角」を押したり、「英数/かな」のボタンで切り替えると思います。

ただ、日本語の切り替えにおいてはショートカットを使っている方も多いはず。

冒頭にも書きましたが、個人的には、CTRL + SPACE 派です。

これは Mac を使っているときに染み付いた方法です(正確には command ですが)。

その後、Linux など使っているうちに CTRL + SPACEに慣れていきました。

この辺は OS が代わっても癖になっていたりするので、簡単には譲れない設定な気がします。

ということで、今回実施した「Google 日本語入力」で CTRL + SPACE での変換方法を紹介しますと。

まず、画面右下のこちらのアイコン「あ」とか「A」となっている箇所を「右クリック」。

選択項目が表示された中に「プロパティ」があるので、そちらを選択。

すると、Google 日本語入力の設定画面が開きます。

カスタムを選択して、設定を変更します。

最初は設定項目が何もないので、「インポート」を使って設定を読み込みます。

個人的には「ことえり」がこの中では一番慣れているので、ことえりの設定をインポート。

ただ、それだけでは「CTRL+SPACE」での切り替えはできません。

設定を4つ追加してあげる必要があります。

設定を追加する場合は、「編集」から「新しいエントリー」をクリックします。

項目の一番下に項目が追加されます。

そちらに以下のような設定を行います。

  • 直接入力:Ctrl Space:IME有効化
  • 入力文字なし:Ctrl Space:IME無効化
  • 変換前入力中:Ctrl Space:IME無効化
  • 直接入力:Ctrl Space:IME有効化
  • 変換前:Ctrl Space:IME無効化

といった感じです。

「Ctrl Space」の箇所にについては、項目をクリックして選択。

使用したいキーボードのボタン(今回はctrl + space)を押すと、押したキーボードが表示される仕組みです。

インポートした設定によっては「Ctrl+Space」に別のショートカットが設定っされているかもしれません。

その場合は既存の設定を削除してください。もちろん、使わなくて問題なものであるかを確認した上でですね。

久しぶりに返ってくると忘れる「適用」ボタン

こちら、設定が終わった「OK」を選択して設定画面を閉じるのですが…。

Windows 特有ですね。

設定が終わったら「適用」ボタンを押しておきましょう。

これ、やらなくても設定されていたりする気がしているんですが。

時々本当に(というのも変ですが)反映されないので、念のため「適用」を押します。

Windows 以外の OS からやってくると、この適用は忘れます。

これは他の OS では見ないですね…。

ということで、適用ボタンをおすと晴れて設定が反映されているはずです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク