Windows10をセットアップしたらCドライブに「ビックリマーク」が表示された件

スポンサーリンク

先日ASUSのノートPCを購入したのですが、ふと気が付くとCドライブにビックリマークが表示されていました。

なんじゃこりゃ。

ということで、ネットを調べてみたのですが。

どうやら、Cドライブが暗号化されていないということみたいです。

解決方法としてはネット上にもいくつか紹介されていました。

  • ほっといたら治った
  • Windowsキー > 設定 > バージョン情報 から設定できる

など、いくつか情報があったのですが、自分のケースはどうやら該当しないらしい。

ただ、1つわかったことはこの暗号化をしてくれるのが「Bitlocker」だということ。

これを画面左下の検索窓に入れると…。

暗号化のツールが出てきます。そのままBitlockerではないみたいですが、どうやらこれのようです。

立ち上げてみると…

デバイスの暗号化が一時的に中断されています。このデバイスを再起動すると暗号化が自動的に再開されます。

とのこと。しかし、何度再起動してもこの表示が続きます。

何かがうまくいかずに止まっているような…。

よくわからないので、「暗号化」をいったん解除することに。

暗号化の設定は早めに

とりあえず、暗号化を解除して、再び暗号化した結果。Cドライブに表示されていた「ビックリマーク(エクスクラメーションマーク)」はいなくなりました。

暗号化を解除した時点でそのままでもいいかなーと。機密情報を持ち歩いているわけでもないので。

とはえい、ノートPCを紛失してSSDからデータを抜かれる。

なんてことも可能性としては考えられますので、暗号化しておいたほうが無難といえば無難でしょう。

ただ、この暗号化はファイルが多いと時間がかかるみたいです。

まだ使い始めてすぐでデータもそんなに入ってなかったので、私の場合暗号化はすぐに終わりました。

念のために回復キーをバックアップ

暗号化したドライブでトラブルが起きた場合に、アクセスするための回復キーをバックアップしておきます。

上記で紹介したように暗号化のツールを起動すると、関連設定の中にbitlockerを設定という項目があります。

こちらを起動すると、

画面のように回復キーのバックアップツールが出てきます。

こちらを使うと、バックアップを保存する場所を聞かれます。

通常は、Microsoft のクラウドに保存されるらしいんですが…。

Microsoft アカウントでログインしてるのにそういった項目がない…。

仕方ないので、私は自分のクラウド環境に保存しました。

暗号化の処理を行った方は念のためこの「回復キー」をどうしたかを確認しておいたほうがよいかと。

もしもの時に助けてくれるかも。しれません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク