言い値SEOサービス登場に思うweb集客に苦戦する方の特徴

スポンサーリンク

なんかすごいサービス始まりましたね・・・。

今まで無かった新しいSEOサービススタート

言い値SEOサービスとは、「効果を実感したらお金を払ってね」というサービス。

近年のSEOサービスでの成果報酬というと、「検索で10位以内に入ったらいくら」という形式が多かったんですが、このサービスは「検索で上位10位以内に入って、効果を実感したらその分お金ください」というシステムみたいです。

個人的には、現在「検索して10位以内」という基準が崩壊してしまっていると思います。

特にGoogleはそうですが、もうだいぶ多くの方の検索結果が検索履歴、住んでいる、もしくは検索した地域によってパーソナライズされていると思います。

その中で「検索で10位以内」と言われても、どこの誰のPCのどのブラウザで10位なのだろう?

と、疑問を感じてしまいます。

そういう意味では、効果があったらお金ください。というのはある意味妥当だとは思いますが・・・。

一方で「効果」を売りにするなら、しっかり効果を定義して(例えば、購入や申し込みが増えたなど)の数でしっかりとしたやり取りしても良いんじゃないかなとも思います。

Webコンサルタントをしていた経験もあり、自分自身がブログで収益を挙げている現状、こうしたSEOの相談というか、集客に関する相談を受けます。

その中で最近感じているのは、「お金の問題ではない」と思っています。

相談される方の多くが、「お金をつぎ込んだけど、成果が全然でない」と言われます。

何が問題なのか

そういうかたは、大体「お金をかける場所をまちがっている」か、「webに自分の時間を使っていない」方がほとんどです。

お金のかけ方を間違ってる方は、お金のかけ方を正しくしてあげれば、成果が出始めます。

しかし、苦戦している方の多くは後者の方。「自分の時間は一切webに使わない」というスタンスの方です。

もちろん、お金を払っているんだから、どうして自分で手をかけないといけないの?

という気持ちはよくわかるんですが、webサイトは「育てる」必要があります。

自分自身がサイトを見てくれた人が「役に立つ」と思う情報を載せない限り、人は見に来ません。

そうした情報を掲載した上で、広告だとか、SEOに気を配ることで集客の効率化を行います。

広告や、SEOは「集客してくれるツール」ではなく、「集客効果を上げてくれるツール」です。そもそも集客の無いサイトで実施してもイマイチ効果を発揮しません。

サイトは育てていくもの

育てるというのは時間がかかります。お金をかければその時間を大きく削減することもできますが、所詮他人の作ったものは他人が作ったものです。

営んでいる事業を一番理解しているのは当事者である方ですし、その方に「思い」があるからその事業を営んでいるのだと思います。

そうした「思い」の部分を含め、サイトに来た方が「役に立つ情報がある」と思える情報を発信して行かなければサイトは育っていきません。

当事者が自身の言葉でサイト運営していくことが一番大事なことだと思います。

極端なことをいうと、そういったものがない。

と、言う場合はサイトで集客は諦めるべきです。発信する情報はないのですから。

サイトを見に来てくれるのは、機械じゃなくて、人だという事を認識することが大切だと思います。

集客で苦戦している方は、まずはお金をかける前に「人が読んで役に立つサイトか」という点を考えると良いと思います。まあ、それもなかなか難しい作業ではあるのですが。

または、「本音」を言ってくれる方に見てもらうと、正直な意見が聞けるかもしれません。

どういう情報があったらまた見たいと思うのか。そういった情報を収集しながらサイトへ盛り込んでいって、人に読んでもらえるサイト作りが大切だと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク