【SEO】まじっすか。HTTPSを導入したサイトをGoogleが優遇します。

スポンサーリンク

HTPPS導入が増えそうですね?

Google が HTTPS 導入したサイトの検索順位を優遇するそうです。

Google、検索結果ランキングでHTTPS対応サイトを優遇へ
-http://itpro.nikkeibp.co.jp/

これまでは、ある程度大きな企業や個人情報を扱うことの多いサイトで導入されてきたHTTPS。

HTTPS というのは、つまりSSLです。

導入すると、URL の頭にある http の部分が 「https」になるやつです。

「Secure Sockets Layer」というのが正式名称で、パソコンとサーバ間の通信データを暗号化することで、第三者によるデータの盗聴や改ざんなどを防ぐ技術です。

これまではサイトで全体の導入というより、個人情報を扱うフォーム部分だけに導入しているサイトが多かったように思います。

徐々にサイト全体で導入する企業も増えてきているようです。

といっても、上の記事では全体の1%程度のようです。

検索エンジンで有利になるというならそりゃ企業と言わず導入したいですが・・・。

個人で導入するには、ちょっと敷居が高い?

実際、個人 のサイトなどが導入したいと考えた場合、気になるのは値段。

SSLを利用するには、「認証局(レジストラ)」と呼ばれるSSL証明を発行してくれる企業に承認を受けなくてはならないのですが。

有名な認証局のお値段をざっと見てみます。(1年契約での値段です)

・シマンテック(旧:ベリサイン):約 7 万円

・トラストサーバー:約 4.8 万円

・グローバルサイン:約 1.8 万円

・ジオトラスト:約 1 万円

・ラピッド SSL:約 2,000円

約としているのは、販売代理店で売値に差があるためです。

とても個人じゃ出し切れない金額から、それなら導入するわ!

というお値段まで様々です。

SSL のお値段どうしてここまで差があるのか

基本的に SSL の技術にほとんど違いはありません。

じゃあ、この差はなにか。

という話ですが、「知名度」「信頼性」です。

シマンテックなどは、導入すると、「Norton」のセキュリティシールを設置することが出来ます。

様々なサイトで導入されていたり、ウィルス対策ソフトでも有名なシマンテック。

ユーザー認知も高く、安心感を感じることも多いと思われます。

一方で、ラピッド SSL は認知度も低く、ユーザーが一目で「セキュリティが高い」と認知できません。

セキュリティシールも厳密に運用されていないため、導入してないサイトでも設置しようと思えば設置できてしまいます。

こうした差が、この金額になっています。

また2,3年前に格安の SSL で有名だったコモドはハッキング事件を起こしています。

管理運用面での信頼性というのは、安い反面どこまで信頼できるかはまだ微妙かもしれません。

単純に SEO 目的で導入するのはどうかと

本来は、第三者からの盗聴や改ざんからサイトを守ることが目的です。

もちろんそういったことに気をつけることは重要なのですが。

じゃあ、単純に SSL を導入したらランキングが上がるとかというとそう甘いものでは無いと思います。

それ以前に検索ランキングを上げたいなら実施する事は多々あると思います。

通販サイトにはさらに必須事項に

通販サイトなど、ユーザーの個人情報を多く扱うサイトでは、SSL は現在も必須事項だと思います。

しかし、中小企業などのサイトで通販を行っているものの「費用面」で SSL の導入を見送っているサイトは多く存在します。

今後、検索上のランキングに影響が出てくるとなると、サイトの競争力に響いてきます。

これまで以上に、SSL 導入の重要性は高くなっているかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク