【よくある質問?】FAQ と Q&A の違いは?

スポンサーリンク

ときどき今も聞かれるので

Web サイト制作をしていると必ずといっていいほど作成される「FAQ」。

ただ、よくあるのは案外作る方(クライアント)が FAQ を「Q&A」と勘違いしていることがあります。

その逆も、もちろんあり。

まあ、サイト上での役割は一緒のようなものなので、大枠では Q&A = FAQ という認識でも問題ないんですが。

感じるところでは、電話のやり取りなどで

私:「よくある質問として、掲載したいんですけど・・・」

クライアント:「ああ、Q&A に掲載するんですね。」

となると、あ。結構、FAQ が正しく認識されてないな・・・。

と、思うことがあるので、備忘録的に・・・(誰の?)。

FAQ は Frequently Asked Questions

つまり、Frequency。

頻発とか、頻繁ということですね。

なので、FAQ とは「よくある質問」

ということです。

なので、FAQ には「ときどきしかない質問」は載せません(笑)

IT 関係者はよく横文字を使う?

と、いろんなところで言われます(正直なところ、一番使うのは広告代理店な気がしますけど)。

それで話が伝わるなら良いのですが、「何言っているかわからない」。

と、言われるのは嫌なので個人的には、IT関係者たちが集まっている場合でも可能な限り、「横文字」「3文字略称」は使わないようにしています。

FAQ も実はそうした弊害の一種なのかなと。

実質、Q&A と認識していても会話上問題ないことも結構あると思うのでそのまま気が付かれず終わったりしているかもしれませんが。

それで、サイトで使うならどっちがよいの?

以上のような話をすると、だいたい「じゃあ、どっちの表現がよいの?」。と聞かれるのが自然な流れです。

個人的な回答としては、

略称、英語での表記はしない

です。

いまどき、Q&A くらいは通じるかもしれませんが。

実際サイトになった時に「日本語がネイティブ」の人間にとって

「よくある質問」「質問集」

とくらべ

「FAQ」「Q&A」

の方が、一瞬で意味が伝わるのは、日本語で書いてある方。

だと思っています。

Web に慣れた方なら、Q&A も視認性あるかもしれませんが、誰もが慣れているわけじゃないので・・・。

よくある質問の役割って?

「よくある質問」などをサイト上に掲載する目的は「電話などでの問い合わせを減らす」ことです。

電話でなくても、サイトを見てもらえれば判ることを掲載しておくのが良いです。

ちょっと古いテクニックで「SEOに有効だから」という観点で掲載を考える方もいますが、あまりそんなことは考えなくても良いと思います。

SEO と言い出すと、あれも載せよう、これも載せようとなり、結局 FAQ を見てもよくわからないから結局電話で問い合わせが来るなんてことになります。

また、質の良くない SEO 会社が「FAQコンテンツを量産してサイト規模を出しましょう」なんて提案していた時代もありました(今でもいるかもしれませんが)。

FAQ を作ってもユーザーの利便性につながらない。

という時は、作らなくても良いと思います。

無駄な閲覧をユーザーに強いるだけですからね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク