【ブロガーにオススメ】Google Analyticsの設定はこれでバッチリ?

スポンサーリンク

ブロガーにはピッタリのAnalytics設定

Google Analyticsは非常に高機能な解析ツールですが、ある程度カスタマイズしてこそ、その真価を発揮するツールだと思います。

とりあえず、入れておくだけでもある程度情報が見て取れますが、カスタマイズしていくとさらに便利になります。

しかし、カスタマイズと言ってもどうやってやったらいいのだろう?と、思う方も多いはず。

そこでオススメしたいのが、portent.comが配布しているThe Big Content Real-Time Dashboard Templateです。

こちら、英語のリンクですが、飛び先のテキスト内の「 Download it here 」をクリックすだけで、簡単にテンプレートが自分のAnalyticsに反映されます。

クリックしたあと、設定したいサイトを選択すればOKです。

ちゃんと設定されていれば、こんな画面が出てきます。

アナリティクスの設定

最初はすべて値が「0」になっているかもしれません。理由は各設定に「フィルタリング」がかかっているからです。

このセッティングはおそらく自分のサイトの設定にはまったく合わないと思われますので、特にフィルタリングを必要としない場合は、それぞれの設定のフィルタリングをしないようにすればOKです。

【各ウィジェットの編集】

direction-button

この「鉛筆ボタン」をクリックして、編集画面へ遷移します。

その後、不要であればフィルタリングを外してしまいます。(あとで必要になれば自分でも設置できると思います)

Analyticsフィルタリング

特にフィルタリングが必要なければ、この右側の「x」で、削除することができます。

あと、テンプレートでは左上が「ゴール」設定になっているのですが、ブロガーの方にとっては「明確なゴール」というのは設定しにくいと思います。

どちらかというと、Adsenceなどのクリックなどのほうが気になるのでは無いかと思います。

なので、ウィジェットの取得する値をAdsenseのクリック率などに入れ替えると良いかもです。

設定を変えた時のサンプルです。

sample-access

フィルタリングを削除すればとりあえず、サイト全体の指標がでるはずです。

このテンプレートだと、静的な数値とリアルタイムな数値が出てくるので「現状」を見るということが1つの画面で可能です。

SNSの反響、リアルタイムのアクセスが気になるブロガーにとってはとても便利な設定です。

「カスタマイズしたいけど、とりあえず現状でも不便ないからなー」とカスタマイズになかなか手が出せない方など、ぜひ導入していただければと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク