Gmailの未読を一括で既読にする方法

Gmailはサービスリリースした年の2004年から利用しているので、9年使い続けているツールです。

その間、Gmailアドレスがメインのメールアドレスになったことは一度もありませんでしたが、サブアドレスとしては常に1stチョイスとして利用しています。
そういうわけで、何かとメインのアドレスでは受けたくないアドレスの溜まり場にもなっています。

また、メインアドレスのメールを飛ばして、なんとなくバックアップとしても存在しています。
そのため、未読の量が桁違いです。

この作業をする前は、「1914件」の未読が残ったままでした。

消してよいメールも多いのですが、それを分類している時間はないので、とりあえず膨れ上がった1914件の未読をゼロにします。
このままでは、新着が来ても気が付きません。

では、その手順です。

in:inbox is:unread

と、Gmailの検索窓に入力すると受信ボックスの中の未読メールを抽出してくれます。

スクリーンショット - 2013年07月25日 - 11時30分53秒

検索窓の下に色々とツールバーが並んでいますが、一番左にある、チェックボックスが「すべて選択」なのですが、このチェックボックスを選んでも、
表示されているメールの「全て選択」です。例えば、画面の表示件数が20件なら、メールが2000件あっても、そのうち25件しか選択しません。

そうした場合は、見落としがちですが、チェックボックスをクリックすると、
メールリストの一番上にこんな表記があるので、そちらをクリックすると本当の「すべて選択」となります。

チェックボックスをチェックしないと出ません。

スクリーンショット - 2013年07月25日 - 11時34分16秒

選択ができれば、チャックボックスの真反対、一番右のツールバー「その他」から「既読にする」を選択すれば、解決です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク