AmazonのPublisher Studioを使ってみた&使い方紹介

スポンサーリンク

Amazonアソシエイトへログインしたらベータ版がでてました

Amazonアソシエイトにログインすると、新しいタブが増えていしました。

publisherstudio

こちら設定の手順は

1,サイト名などを登録

publisherstudio_add

こちらサイト名で良いと思います。

「Javascriptを生成」をクリックすると以下のようなタグが吐出されます。ブログなどサイトのフッター(bodyタグ直下くらい)に設置します。

js_tag

2,ツールバーを有効にする

start_toolbar

ツールバーを有効にするをクリックすると、Publisher Studioが起動します。

サイトへ行ってリロードしてみると・・・。

サイト上部にツールバーが表示されます。こちらサイトの株にも表示を移動できます。

publisherstudio_bar

3,実際使ってみる。

・画像にリンクを設置するときは「ページモード」でも「シアターモード」でも設置可能です。

使用するときは、ツールバーの「タグ」からどちらかを選択して、画像を選びます。

画像を選択すると、画像に「検索窓」が表示されます。

選ばれた画像には「今すぐ購入する」という表示が入ります。

select_image

商品を検索すると、画像のリンク先の商品が選べます。

select_item

このサービス、自分の管理下にあるサイト上の画像やらテキストに「Amazonの商品リンク」が簡単に設置できますが・・・。

kiyaku

商品と関係ない画像にリンクを設置したり、有名人などの画像に商品リンクを設置し、「その人が宣伝」しているように見せることも禁止されています。

また、このサービス「よくある質問」でも説明されていますが、サイトのパフォーマンスに悪影響が起きる可能性を示唆しています。

予想されるエラーとして「Javascriptのクラッシュ」や「Javascriptが情報を取得できずにタイムアウト」する可能性に触れています。

とりあえず、実験的にリンクを設置してみましたが・・・。

確かに、簡単にリンクを設置できますし、自分のサイトからAmazonアソシエイトへ行ってリンクを生成といった手数は減ります。その点はメリットです。

うーん、実際使うにしてはサイトのパフォーマンスが悪くなりそうな感じです・・・。

とりあえず、ブログでの設置は様子見ですかねー。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク