個人的なFacebookを辞めずに楽になる方法

fb-f-logo__blue_512

Facebookがつらい。

Facebookやってる方も多いかと思いますが、もう正直つらい。

ログインするのも苦行。

心頭滅却しようが、暑いし、寒いし、つらい。そういう方も多いのではないでしょうか。

「なら、やめたら良いじゃん」

至極まっとうです。そのとおりです。やめるべきです。

しかし、そうもいかないこともあります。

その事情は様々かと思いますが、例えば、Web業界の方を例に上げますと。

「最近、仕事の連絡がFacebookで来るんだよね。」

と、いうパターンです。

Webの人なんて、Facebook活用しまくりで、やめたいなんて思う人はいないんじゃないの?

まさか。

そんなことはありません。むしろ、Web業界の方のほうが、辞めるにやめられないのではないでしょうか。

これは、よく言う、「Facebook疲れ」なるものでしょう。

しかし、「疲れたから辞めるわ」とは行かないほど、このサービスはインフラとしての地位を確立しています。

Facebookが仕事で利用されるのは、次の2つです。

チャット機能

グループ機能

この2つは情報共有としてよく使われます。

チャットは個別の連絡もあれば、複数の連絡も可能です。

グループ機能は投稿を固定のメンバーに情報共有するのにとても便利です。

この機能だけ使えればOK。そんなユーザーも多いはずです。

しかし、これはFacebookのメインツールではありません。

メインツールは「今何してる?」と、ログインするたびに聞かれるみんなの今。そう、その名もタイムラインです。

タイムラインには全く自分とは関係ない情報があふれています。

人間いつも心に余裕はありません。あったらいい。確かにそうです。

でも、そう行かないのも人間です。

そんな時に、

「何食べた」

「飲んでます」

「どこにいます」

なんて記事は、他人ごとです。どうでもいいのです。

忙しい時の自慢投稿や、ネガティブ投稿にはカチンと来てしまうことだって有ります。

また、ネガティブな投稿も見かけます。冗談になっているならまだしも、

「電話をかけてくる奴の礼儀がなっていない」

「こんな事があって、むかついた!」

など、何気ないものでも、ネガティブなものは心を削られます。

人の自慢も送っている本人が考えている以上に、他の人にとってはどうでもいいことです。

「いま、難しい経営判断を迫られている!(難しい問題に取り組む俺かっこいい)」

などと、言われても、心が萎えます。

仕事の連絡を確認しようとするだけでこうした投稿を目にしてしまうと、暗いものが心に落ちるのです。

そりゃ、仕事だって、笑顔でできるものばかりでも無いですから。

管理職が、適当な指示しか出さずに、さっさと飲みに行って現場はその指示のおかげで大混乱。

情報共有の確認のために、Facebookをみたら、飲み屋で赤ら顔した管理職が、

「今日は、まだまだ飲みますー」

なんて投稿してたら、もう、事件ですよ。次の日のYahoo!ニュースに乗っちゃうくらいですよ。

PC叩き割るくらい可愛いものです。

「だったら、見なきゃいいじゃん。」

そう。そうなんです。見なきゃいいんです。

でも、仕事の連絡だったり、情報共有のためにアカウントを削除することも、放置することもできない。

「こんなくだらん、投稿しかしない奴は、友達解除だ!ブロックだ!」

なんて大鉈振り回す事ができるなら、そもそもFacebookに疲れたりしません(多分)。

まして、投稿している人に悪意はないわけです(多分)。

勝手に自分自身が、Facebookに疲れ、イラついているだけなのです。
そういった方に朗報なのが、「フォローをやめる」です。

Facebookにもちゃんとやり方が記されています。
誰かのフォローをやめるにはどうすればよいですか。

これで、友達をやめなくても、フォローをやめたユーザーの投稿が、タイムライン上に出ることはありません。

そして、ここからが具現的な活用方法が、

いっそ、全てのユーザーのフォローを辞めてしまうこと」です。

そうすると、Facebookは意外に優秀なチャットツールへと変身します。

またFacebookをやっていて、気になるのは「友だちではありませんか?」と、見知らぬ人を紹介してくる機能があります。

まあ、中には近い人だけどさ、空気読んでよ。という人が現れます。

これも、意外に心削られます。

ふと見た時に、思い出したくもない人がいたりするものです。

そういう場合は、こちら。

何でわかるの? Facebookの「知り合いかも?」リストの非表示

これで、だいぶ画面が落ち着きます。

だれとも友達で、いつまでも友達。それは理想です。そういう生き方ができるなら素晴らしい。

しかし、人間誰しもが完璧ではありません。

ソフトバンクの携帯電話じゃないんだから、繋がりやすさNo.1!とも行かない。

それが人間じゃないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク