【文章チェック】ブログのための校正ツール

スポンサーリンク

実は自分のやったことをあとから自分で見直すのが大の苦手

もう小学生ぐらいから指摘されていることなんですが・・・。

よくテストで「最後まで問題を終えたら、見直しをしないさい」なんて注意があるわけですが。

実は、これがすごい苦手でした。

とにかく自分が書いたものをあとから見て、間違いを見つける。

というのがすごい苦手なのです。

メールも大の苦手

そのため、メールがすごく苦手です。

なぜなら、書いたあと、自分の文章の校正が異様に下手だからです。

プレゼン資料などは誰かに見てもらったりして、確認できるのですが。

いちいちメールの文章を誰かにチェックしてくれ。なんて、頼めません。

どのくらい下手かというと

例えばですが、よくキーボード入力でありがちな

「困ったことに」

「困っtことに」

というように「母音の入力ミス」はよくありがちです。

この手のミスすら、気が付かいないほど下手です。

ATOK のような校正支援ツール

があれば、それに頼ることもできるのですが、Ubuntu にはそこまで精巧な日本語入力支援ツールはありません・・・。

このブログをよく拝見いただいている方はお気づきかもしれませんが、結構誤字脱字が多いのです。

真剣に改善を考えなくては・・・。

ふと思い出した、楽天技術研究所の関根聡さんのお話

そこまで大げさに思い出すことも無いのですが・・・。

もうかれこれ4年前に関根さんと名刺交換をさせていただいた時に、ちょうど私も Twitter のツイートから地域に絞ったユーザーニーズを検証する。

と、いうツールを作っていました。

そのこともあって、関根さんと少しお話をさせていただいたのですが、その時かつて関根さんが以前「編集者向けの校正ツール」を作っていたという話をされていました。

フリーでWebで公開していたが、当時はそういうツールが少なく、閉鎖しようとしたら思った以上に利用者がいた。

というようなお話をされていました。

今も、校正ツールあるよね?

そんな偉い方の話を思い出さないと気が付かいのか、もっと早く気がつけ!

という話ですが、「校正ツール」ってあるよね。と、探してみたらありました。

日本語文章校正ツール

あわせて、誤字脱字系は「Enno」

Enno

さすがに、ビジネス用のメールなどは情報セキュリティ的にこの手のツールにかけるのはためらわれるかもしれません。

しかし、ブログの内容ならどうせ公開するものですから、ここでチェックしても良さげです。

ちょっとは誤字脱字がなくなるかも。です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク