【Skype】Linux版Skype4.1リリース

スポンサーリンク

またひとつ、Win、Macに追いつきました?

WebUpd8でも紹介されていますが、Linux版Skypeの新しいバージョン
4.1が公開されていました。
さっそくインストールするのですが、.debファイルをダウンロードします。
普通にインストールできるかなと思ったんですが、前のバージョンと競合すると
言われてしまいましたので、前バージョンを一旦削除してインストール。
とりあえず以前と違うのはログイン画面。
WinとMacとまただいぶ近くなりました・・・?
さすがに、マイクロソフトに買収されただけあって、Microsoftアカウントでも
ログインできます。
今回のアップデートとは関係ないのですが、Linux版Skypeはどうしてもチャットがくると、「前画面表示」になってしまい、別のアプリで入力してても、イキナリ画面がSkypeに強制変更。なんてことが頻繁に起きていて困っていました。
Mac版などはそんなこと無いのでなんでだろうと、ずーっと分からずにいたのですが、Linux版ではチャットウインドウ(誰かとやり取りする画面)が開いているとチャットがはいると、強制的に前画面になるようです。
バックグラウンドで受信だけしたい時は、チャットウィンドウを閉じないといけないようです。✖ボタンで閉じると、無事バックグラウンドでの受信ができます。
ウィンドウは開けっ放しにしておくので、全く気が付きませんでした・・・。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク