【iPhone を買わない理由】iPhone ハラスメントから思う iPhone を買うかどうか迷う方にとりあえず聞いてもらいたい話

スポンサーリンク

え?iPhone じゃないんですか?

iPhone6s が発表されましたね。

個人的には特に興味がないのですが、この「iPhone 発売の時期」になると必ず受ける質問があります。

普段からいろんなガジェットを買っては、イジっているので周囲の方々から「ガジェット野郎」と思われています。

カバンに PC2 台とタブレットにスマートフォン 3 台持ち歩いてるやつはまあ、「ガジェットバカ」でしょう。

そんなブランディング?の成功事例といえば成功事例なのかもしれませんが、iPhone がでる時期になると必ず来る質問が・・・。

今度の iPhone 買った方が良いですか!?

うーん。知りません。判りません(笑)

欲しくて、買う理由があるのなら買えばよいのでは?

的な発言をすると、

「ざかしんくさんは、買わないんですか?」

と、聞かれます。そこで Apple ユーザーではないことを伝えると、

え?ざかしんくさんて、iPhone 使ってないんですか?

と言われます。

どうやら私の周囲の認識に置いて、ガジェット好きはみんな「iPhone 使い」だと思っているフシがあります。

一体どこで誰がそんなイメージを発信しているんでしょうか。

私のブランディングは、周囲に対して思ったほど上手くいっていないのかもしれません。

これに似たような発言に「Mac or iPhone の使い方でわからないところがあるんですが・・・」。

というのは日常茶飯事です。

最近この現象を総称して、個人的に「iPhone ハラスメント」と呼んでいます(笑)。

確かに、仕事上 Mac を使うことがありますが、好んで使っているわけじゃありません。

少なくとも現状、Mac を使って仕事をしないと困ることがあるから使っているだけです。

重ね重ねですが、私は Apple ユーザーではありません。

もう5年以上 Apple 製品の購入はしていません。

OSX Yosemite の機能とか全く判りません。

しかし、明らかに最近 PC に詳しい奴は、Apple に詳しい的な風潮がある気がしてなりません。

正直、質問されても困ることも多い・・・。

iPhone は個人的には使いにくい

残念ながら個人的に iPhone は「使いにくい」のです。

これはもちろん、一般論ではありません。完全な個人の意見です。

また、iPhone の機能等に問題があると思っているわけではありません。

iPhone だと、スマートフォンでやりたいこと」が達成できないということです。

ただ、それだけです。

なぜ使いにくいかというと・・・。

個人的に Google サービスをガッツリ使っています。もはや魂を売ったと言っていいでしょう。

私の個人情報はおそらく Google にガッツリ抜かれています。

それぐらい Google のツールを使いまくっています。

なので、スマートフォンでも Google のツールをストレスなく使いたいのです。

しかし、Google のサービスが iPhone と完全に連携しているわけではありません。

iPhone だとアプリが無かったり、Google との連携が悪かったりして、困ることがあります。

なので、iPhone を使っていません。

もちろん、iPhone でも Google のサービスを利用できないわけじゃないです。

でもより良く便利に使いたいので、スマートフォンは Android を使っているだけです。

もちろん、その他にも Cyanogenmod などのカスタムロムを使って遊びたいとか。

電車内でほぼ全員が同じスマホを持っている状況は無理とか。

その他様々な理由もありますが。

スマートフォンを使う目的は?

iPhone(Androidでもしかり) を買うか迷っている方へよくアドバイスるのですが・・・。

スマートフォンを使って何がしたいのでしょうか。

いわゆるスマートフォンを使う「目的」ってなんなのでしょう。

私の場合は、

  • 電話できること
  • Google サービスをフルで活用できること
  • カスタマイズの自由度が高ければなおよし
  • 電車で座った時に一列全員同じスマホなんて言う状況を生み出すスマホは勘弁

という感じです。

この条件でいくと、Android それも Nexus シリーズがとても使いやすいのです。

さらに言えば、iPhone 使っていないからと言って、「Android」をおすすめしているわけでもないです。

スマートフォンを使う理由は色々あると思うのでそれに合うスマートフォンを使ってください

と、思うのです。

iPhone を買う理由はたくさんあると思います。

  • 信者としてお布施を怠れない。
  • このビッグウェーブに乗るしかない。
  • iPhone じゃないと、かわいいカバーがない。
  • iPhone でしか動かないアプリがある。
  • みんなと同じスマホがよい。
  • iPhone カッケー
  • Android クソダサイ
  • Apple に魂を売ったので、Apple のサービスと連携しないと詰む

理由は人それぞれです。

私も元 Apple 信者として他人から「は?(理解しがたい)」なんて顔をされることはしょっちゅうでした。

しかし、個人的に買う理由があって、買うことで目的が達成されるなら良いと思います。

他人の意見なんてどうでも良いんです。自分がそれで納得しているのなら。

どんな理由であれ、「そのスマートフォンを使う目的は何?」ということを明確化した方がいいと思います。

あとは、その目的を達成するために 10万を超えるスマートフォンを買うのかどうか?

の決断だけだと思います。

携帯キャリアのサービスのおかげ? で、スマートフォンを買うときに、10 万円という金額を感じない仕組みになっています。

しかし、明らかにその金額はあなたの財布から出て行ってます。

別に iPhone じゃなくてもそこそこ高価なものですからね。

その辺の費用対効果は、ちょっと考えて良いんじゃないかなと思いますが・・・。

つまり何が言いたいのかというと

自分で使うスマートフォン。自分で考えて買ったください。

ということです。

他人に 10 万円超える買い物の判断を仰ぐぐらいなら、とりあえず、今回はやめておいたほうが良いと思いますよ。

型落ち製品を買うとか、中古を買うとか。

iPhone を使いはじめる道もまたそれぞれだと思います。

一度冷静になって、考えてみてくださいね。


お金に頼らずかしこく生きる 買わない習慣 (アスペクト文庫)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク