Apple OSX Mavericks 登場にみるPCの時代じゃないんだな感

スポンサーリンク

完全にPCに力入れてないよね?

Appleが新しいOS OSX Mavericksを発表しました。なんと無料。

mavericks

OSXと言えば、近年Windowsにくらべてだいぶ安い金額でOSを販売していました。

しかし、無料になるとは思いませんでした。Linuxディストリビューションじゃないんだから・・・。

iOSも無料(あんまり無料ってイメージもないですが)ですので、これからの時代OSは「無料」の時代かもしれません。

Windowsはどうするんでしょうね・・・。

もちろん、iOSもOSXも「機体」と紐付いてるからできることではあるのですが。

ただ、ちょっと気になる点としては、「もうOSXには力をいれてないのかなー」という印象を受けるとこです。

少し前にOSXのベースとなったFreeBSDの共同設立社Jordan Hubbard 氏がアップルを退社しています。

Mac OS X のベースとなった FreeBSD の共同設立者 Jordan Hubbard 氏が Apple を退社

おそらく、OSXが大きく変わることは無いんだろうなと、解釈しているんですが、もうAppleのメインはiOSに移ってるんだろうなと感じます。

実際、OSっていうのは昔ほど絶対的なものでなくなって久しいです。

Windowsじゃなければダメだ!なんて以前はザラにあったのですが、いまはOSXでもましてLinuxでも変わらないことができます。

OS自体が非常に抽象的な存在になりつつあるなとは感じていますが、その大きな点はブラウザでしょうか。

Chrome OSというブラウザベースのOSもありますが、クラウドを含めWebという領域が広がったことでOSの抽象化に大きく影響を与えているきがします。

自分自身もLinuxディストリビューションを含め、いろんなOSを行ったり来たりしてますが、それを可能にしてくれてるのはブラウザとクラウドデータであることに間違いは無いです。

OSXの今回のアップデートですが、自宅には2,3世代前のiMacがあるんですが、アップデートするかは微妙です。

上書きインストールはあまりしたくないですし、かといってクリーンインストールするほど熱量があるわけでもなく。

そもそもアップデートによる恩恵があまり感じられないというのが一番大きな理由でしょうか。

移行作業の分元をとれる気がしないという・・・。

Ubuntu13.10のアップデートもウェイティング状態ですし・・・。

実際は、Safariなど「見た目」が結構変わってるみたいなので、時間ができたらアップデートしてみますかねー。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク