【OSX】macport インストール 手順

仕事用のmacにはmacportを入れてるんですが、自宅のマシンにはいれてませんでした。
別に入れない理由はなかったのですが、ようやくいれてみましたので、念のため備忘録がてら投稿

macportとは?
macportとは、Linuxでいうところのapt-get、aptitudeに似たものです。
FreeBSDにはportというのがありますが、そのmac版です。Linuxなどに慣れた方には
非常に便利なツールです。初めての方、自分もそうでしたが、ちょっとピンとこない
ですが、1度使ってみると結構やめられなくなります。メリットは、ちょっと複雑な
手順を踏まないとインストール出来ない様なアプリケーションが、簡単にインストールできます。
デメリットは、デフォルトと違う構成を構築してしまうので既存のシステムと不具合がでる
可能性が出てきます。ここは、慣れもありますが、注意も必要かと思われます。

macportをインストール
dmgファイルからインストールできます。OSXのバージョンで選択するファイルが違いますので、
環境にあわせて選択してください。ダウンロードはこちらのサイトから出来ます。
http://www.macports.org/install.php

画像は、snow leopardのものです。
dmgの中には、pkgファイルがあるのでこれをダブルクリックするだけです。
インストールはこれだけです。
あとは、macportの環境を整えておくためにパスを通しておきます。

export PATH=/opt/local/bin:/opt/local/sbin/:$PATH
export MANPATH=/opt/local/man:$MANPATH

ターミナルを起動して、以上のパスを通しておきます。
とりあえず、これで準備は完了です。

macportを最新のものにしておく
macportでインストールできるソフトを最新のものにするために、以下のコマンドをターミナルで実行します。

sudo port -d selfupdate
sudo port -d sync

syncに関しては、定期的に行なっておくと良いかと思います。

macportの使いかた
このコマンドで、インストールできるソフトを探すことができます。

port search 探したいソフトウェア名

インストールする場合は以下のようにします。

sudo port install [インストールするソフト]

ソフトウェアのアップデート

sudo port upgrade [アップデートしたいソフト名]

ソフトウェアのアンインストール

sudo port uninstall [アンインストールしたいソフト名]

インストール済みのソフトウェアの一覧

sudo port installed

といった所を覚えておくといいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク