【OSX】iPad用iOS4.3beta 期限が切れる

ついこの間まで、iOS4.3をbeta版で使っていたのですが、ふと昨日みたら、
あの購入直後にでてくるitunes接続画面が表示されていました。

うーん。なんかやったかなーと思っていたところ、どーもbeta版の利用
期限が切れたようです。iOS4になってからもしばしば、beta版のまま
使い続けたりして、正規リリース版を入れないまま、次のbeta版へという
beta渡りを繰り返していたわけですが、どーもそれが使えなくなった
ようです。この場合、itunesに接続してもbetaとはいえバージョンは4.3なので
アップデートはかかりません・・・・。

そういう時はパッケージをダウンロードして、ローカルでファイルを読み込んで
アップロードかけます。

iPhone ソフトウェアバージョン 4.3(8F190)の提供が、3月09日(日本国時間3月10日 午前3時頃)より始まりました。 このアップデートでは、 AirPlayの機能向上やSafariの最大2倍高速化、iTunesホームシェアリングの追加、iPadのスイッチ機能選択など期待の機能を実装。それ以外にもUIの...
この辺に紹介されてるので、ここからファイルをダウンロードします。

あとは、iPadを接続したときに出てくる画面で「アップデートを確認」を「option+クリック」して
ローカルにあるファイルを選択すればアップデートがスタートします。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク