【OSX】Google App Engine エラー 409 rollbackとは?

スポンサーリンク

Google App Engineで突如エラー409が発生

Google App Engineを利用してだいぶ経つのですが、下記のようなエラーが出たのは
始めてでした。

Error 409: --- begin server output ---
Another transaction by user "ユーザー名" is already in progress for app: "アプリ名", version: 1. That user can undo the transaction with "appcfg rollback".

どうやら、Deploy中などにアプリケーションを強制終了したりすると起きてしまうトラブルのようです。
思い当たるフシもあるので、これが原因のようでこのエラーが出たんだと思います。
トラブルの対処法は他のブログなどにも多く掲載されていますが、技術的に未熟な私は途中つまずいて
しまいました・・・。

OSX版 Google App engine rollback方法

  1. 該当するディレクトリに移動する。
  2. 実は私が引っかかったのはここなのですが、この該当するディレクトリは OSXの場合各個人で違うと思われます。他のサイトなどでは「google_app_engine」ディレクトリへ移動。 といった表記になっていますが、これはLinux版の場合だと思います。 OSXの場合は、Google App Engineのアプリケーションをおいているディレクトリへ移動します。 例えば、appという名前のアプリが壊れた場合。 /あなたのユーザー名/Documents/GAE/app このGAEに該当するディレクトリに移動する必要があります。

  3. ディレクトリに移動したら
  4. appcfg.py rollback アプリ名

    を、実行します。 アプリ名はおかしくなってしまったアプリ名を入力してください。

  5. コマンドを実行すると、メルアドと、パスワードを聞かれます。
  6. これは、デプロイするときに毎回記入する、もしくは記憶させているものを入力すればオッケーです。

    以上、で基本修正されて、再びデプロイできるんじゃないかなと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク