【iOS】iPad(初代)でiPhone/ipad用chromeを試す

スポンサーリンク

モバイル端末ブラウザってデフォルトで十分?

実は個人的にこの分野って実はそんな需要ないんじゃないかなと思っています。
詳細に調べたわけじゃないので個人的な推測ですが。
理由としては、モバイルで使いたいwebサービスってだいたいアプリで完結してる。
ってのがあります。実際自分の場合はモバイルでブラウザを触る機会がないのです。
なので、iPadもAndroid端末もブラウザはデフォルト。
それで不便なわけでもないのですが。
といいつつも、iPadでさっそくchromeを入れてみたんですが、その感想。

ちなみに起動して、設定が終わったらこんな感じです。

【良い点】
・PCで利用しているchromeと同期できる。
・さらに、開いている「タブ」も同期してくれる。
・入力でよく使う記号をあらかじめ表示してくれる。
 
【がっかりだった点】
・思ったほど早いわけではない。

試している環境が、初代iPadなので新型iPadから比べたら遅いのでしょうが。
ただ、その初代iPadに搭載されたsfariと表示速度が変わらない気が。
ちなみに、chromeの拡張機能は同期されません(されたら凄いんですがw)。
chromeユーザーとしてはブックマークを簡単に同期できるのはメリットですね。

モバイル→PCと、端末を写っても同じ状況が保てます。

画面下の「その他のデバイス」というのをクリックするとPCで見ている画面が
共有されるようです。

写真のようにLinux Mintのchromeで見ているページがそのまま共有されています。

その他、タブの移動など、細かな操作でsafariの上をいってるなー。
というのも感じます。
safariから乗り換えるには十分な機能だと思います。
リアルタイムで、タブが共有されるってのもこれからの「モバイルブラウザ」の
考え方をちょっと変えられるかもしれません。

「PCで調べ物」→「iPadもって外出」→「電車の中でも調べ物の続き」

といったような事が簡単にできるわけなので、もっとモバイル端末のブラウザ利用が
進むかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク