【番外編】Windows 8 で Chrome OS を体感 Chrome Windows 8 モード

スポンサーリンク

Windows 8 で体感できる Chrome OS の雰囲気

今のWindows 向けの Chrome には Widows 8 モードという機能があります。

仕組みとしては、2013年末くらいからあった機能なのですが、個人的には最近はじめて使ってみました。

全く知らない機能だったのですが、これは Chrome OS にそっくり!

ということで、ご紹介です。

Chrome Windows 8 モードで再起動

基本的にこの機能はデフォルトでは作動しない機能となります。

とはいっても、起動の仕方は簡単です。

Windows 8 に Chrome ブラウザをインストール。

デスクトップで起動して

あとは、画面右上の設定ボタンからメニューを表示。

その中に、「windows 8 モードで再起動」とあるので選択。

chrome-mode-set

そうすると、Chrome の画面が全画面で表示されます。

chrome-mode-start

こんなロゴが出てきて切り替わります。

起動しあとの感じは、ほとんどChrome OS です。

chrome-mode-desktop

タブレット使いが優秀?

Windows 8 マシンなら基本対応しているらしいこの機能。

デスクトップでもおそらく使えますし、ノートブックマシンでも使えると思うのですが、結構良さげなのがタブレット利用。

タブレット端末で Chrome OS を使っているような感じになります。

現状、「ノートタイプ」しか出ていない Chromebook ですが、タブレットマシンにChrome OS というのもちょっと面白そうです。

Android 端末と存在意義がかぶるので、おそらく公式なものはなかなか登場しないとは思いますが・・・。

Windows Store をフォローしてくれる

通常のChrome でも使えるのですが、Chrome アプリを使えるのが便利です。

chrome-app

まだ、充実しているというわけではない Windws Store を補って余ると思います。(個人的には)

あと、タブレット自体 PC に比べできることが制限されます。

そうした状況で使うものなので、俄然 Chrome OS などはこちらのほうが向いている気もしますが・・・。

残念なのは、タッチペンがちゃんと反応しないところ

Windows Chrome Mode になった場合、ちょっと残念なのは Vivo note 8 のペンがちゃんと反応しない。

というところでしょうか。

タッチ操作はもちろん、ちゃんと動きます。

まあ、これでタッチペンがちゃんと動作したら、Widows OS 側に戻らなくなりそうですが。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク