Gmailで重い添付ファイルを検索して、削除する方法

スポンサーリンク

気がついたら、Gmailの容量がいっぱいに

先に結論から書いてしまうと、

size:5m older_than:1y

で削除しました。

このコマンドをGmailの検索に入力して実行すると、

サイズが5M以上のファイルで1年以上前のメール

を抽出してくれます。

あとは、全削除。数が多いとGmailがエラー起こすかもしれません。

その時は期間を区切ってもよし。

size:5m before:2015/04/18 

特定期間以前を指定すれば、ある程度「一括削除する対象」を少なく出来るので、Gmailもギブアップせずに対応してくれるはず。

Gmailがいっぱいになるとは…

Gmailはサービスが開始された頃から使っています。

日本のサービス開始が2006年だったと思うので、そのくらいから使っていると思います。

「メールだけでGBクラスの容量を埋め尽くすこともないだろう」

と、思っていましたが…。まさか10年後に容量いっぱいになるとは(逆に10年使うとも思っていなかった)。

最近は、お仕事で使っていると結構データの大きな添付もしばしば受け取ります。

そういうのを放置していると、埋まりますね。

実際、いっぱいいっぱいだったGmailの画面左下を見てみると…。

17GB中、16.38GB使用中。

だいぶパンパンです。

こちらデータを削除して気がついたんですが、最近 Inbox が重いなと思ってました。

Gmailの不要なメールを削除すると、Inboxが軽くなりました。

InboxはGmailにデータが多いと、遅くなるようです。読み込みがしんどいみたいです。

データが容量の仕様状況がいっぱいですよ。

これは、Googleからすると、「追加容量」を買ってね。ということだと思うんですが、もう使わないデータを保存するために容量を払うのもなんか嫌です。

できれば削除したいのですが、1つ1つ削除してられないので…。

上記方法で削除するとスッキリします。

実際、削除したあと。

一気に不要なメールが消えていきました。

大量にメールを選択して削除すると、Gmailがエラーを吐いたり、回線環境にもよるとは思いますが、データを削除するのに10分くらい待ちます。

Gmailの検索は他にも色々可能

【Gmail ヘルプ Gmail で使用できる検索演算子】

検索演算子と呼ばれる単語や記号を使用して、Gmail の検索結果を絞り込むことができます。また、複数の演算子を組み合わせて検索結果をさらに絞

こちらにGmailで使える検索演算子が紹介されています。

なかを見て見ると。

  • 指定した期間に送信されたメールを検索します
  • 指定したサイズより大きいまたは小さいメールを検索します(バイト単位)

など、どうやら、こ回使用した機能が紹介されています。

データの重さ以外で検索をしたい方は、参考にすると良い方法が見つかるかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク