【Chromeで画像処理】Chrome OS の画像処理に強い味方 Pixlr Editor

スポンサーリンク

Chrome OS で必須画像アプリでしょう。これは!

Chrome OS を使うときに心配になるのは、「アプリ」の充実度。

現在、主に Chrome OS を利用しているのは「ブログ投稿」です。

WordPress の記述には、Wordpress の投稿画面をそのまま使ってます。

基本ブログを書くだけならなんの問題もないのですが。

ブログに画像を掲載したいなーと思うと、「画像処理アプリ」が欲しくなるわけですが。

そんな時の強い味方が、Pixlr Editor です。

Chrome store にて、「Pixlr Editor」で検索するか。

下記のリンクからインストール画面へいけます。

インストールしたら、後は起動するだけ。

pixlr-editor

どこかで見たことのあるようなインターフェースが起動します。

もちろん、Web アプリですので、ブラウザ内で起動しています。

見た感じは、Adobe の Photoshop ?

な感じです。

ツールの配置も近いものがあります。

もちろん、レイヤー訳も可能。

ブログで使用する画像は、せいぜいサイズ調整と色彩や、明るさを調整するくらい。

そのくらい余裕で処理してくれます。

さらにフィルターも豊富。

Pixlr-editor-filter

ますます、Photoshop を彷彿とします。

基本的に、ブログに載せる画像のリサイズ程度にちょこちょこ使うだけなので、このアプリの機能をフル活用しているわけじゃありませんが。

逆にちょっとした画像の加工なら普通にやってくれます。

ローカル保存へも対応

加工した画像はローカルへ保存することも可能。

その他、Pixlr ライブラリー、Facebook flickr picsa などへのアップロードも可能です。

保存環境はバッチリですね。

これでフリーソフトなんだからすごい・・・。

Mobile 版をご存知のかたも多いのでは?

このPixlr はモバイル版である Pixlr Express があります。

Pixlr Express – photo editing
Autodesk Inc.
価格:0  平均評価:4.4(660,077 件)

こちらを使っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

Pixlr の運営は Autodesk

日本では、主に Auto CAD が有名でしょうか。

こちらを販売している企業です。

建築系の方なら一度は聞いたことがある超大手のソフトウェア企業です。

その他にも 3D ソフトの Maya などの販売を手がけている会社です。

近年は CAD に限らず、スマートフォンでのスケッチソフトや、こうした画像処理系のソフトなど多岐にソフトウェアを展開しています。

2011年には、Datastay という解析を専門にした企業を買収していたりします。

非常に多岐にわたったソフトウェア事業を手がけています。

Adobe もそうした企業を買収していますが。

ある意味 Web での展開などを見ると、AutoDesk のほうが今勢いがあるかもですね・・・。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク