【Google】MotoXに見るGoogleのコンテツ販売戦略

スポンサーリンク

上手く行かないMotoXのプロモーション?

やっていることは結局Amazonと同じ?

日本では販売する様子のない「MotoX」ですが、米国ではキャンペーンラッシュです。

昨年から今年にかけて、販売価格を下げる戦略をとっていますが、ここにきて、MotoX購入者に「ChromeCasrt」を無料で提供しています。

元旦から実施した「キャリア契約しない端末の代金を200ドル近く下げる」というキャンペーンを実施したそうですが、思った以上に効果が上がらなかったということで、今回の「ChromeCast無料キャンペーン」という流れのようですが・・・。

販売が思ったとおり言っていないというのもありそうですが・・・。

それもあるんだと思うんですが、あまりにも短期間にキャンペーンを展開しているので、行き当たりばったりにも見えません。

予め、想定した流れの中での「ChromeCast無料キャンペーン」のようにも思えます。

ChromeCastは、PCやAndroid端末から受信した映像や音楽をテレビやディスプレイで鑑賞出来るようにしてくれるアイテムです。

つまり、Android端末や、PC側に再生するコンテツが必要なわけです。

また、表示できるコンテツは主に「Google Play」で購入したものや「Youtube」です。(Fuluもありますが)

それが全て。とも思いませんが、コンテンツ販売を睨んでいるというのは間違いなくあるようです。

ChromeCastが手元にある感想として

実際手元にChromeCastがあると、「あ、この映画 Google Play で購入して、テレビでみてみようかな」と、思っちゃいます。

もっともGoogle Playに見たいコンテンツが有るか、無いかも大きいのですが、「表示できるアイテム」を持っていると、障壁が確実に下がります。

Googleの狙いはそんな MotoX を売りたいもありつつの、障壁の「突破」というのが有るんだと思います。

それってAmazonと同じ戦略では?

格安で端末を販売して、その先のコンテンツの販売で儲ける。というのは「Amazonのキンドルシリーズ」

と、同じな気がします。

このへんのライバルはAppleの「Apple TV」ですよね。

Googleが攻勢かけてるのは新しいApple TV?それともiTV?

iTVは2015年〜2016年、A7プロセッサ搭載Apple TVは来年登場?

いつ出るかわかりませんが、今年辺り新しいApple TVが出てくるのかなと。

さらには、iTV なんてのもありますが、Google は「Nexus TV」というのを用意しているようです。どちらも噂ではありますが・・・。

グーグルが「Nexus TV」というセットトップボックスを2014年前半に発売するかも

ということで、いまGoogleが米国で仕掛けているキャンペーンの嵐は、MotoXを売りたいというのもあるでしょうし、今後のテレビ周りの覇権争い。

というのも見越しているんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク