Ingress は本当にダイエットに最適なのか検証してみる

スポンサーリンク

Ingress はダイエットに最適なのか?

以前、 Ingress をプレイし続けるためには、自分なりの目標が必要。

と、記事に書きました。

Ingress をやめる理由。そこから考えるなるべく長く楽しむための心構え
全3回にわたって、Ingress のコツを紹介してきましたが 【第1回】 【第2回】 【第3回】 一応、...

そんな目標の一つとして考えられそうなことに「ダイエット」が挙げられます。

ダイエットだけでなく、「運動不足解消」といった効果もありそうです。

以前、Ingress を止めてからちょっと太ってしまったので Ingress の運動としての効果はあると思われます。

しかし、本当にダイエットとして最適なのか検証してみました。

単純に運動時間が増えるので・・・。

検証に使用したのは、普段から使用している「Nike Fuelband」を使用しています。

まず、Ingress 前と、Ingress 後の比較です。

【Ingress前】

before-ingress

グラフの開設をすると、緑色の棒グラフの日が「目標をクリア」した日です。

設定されている目標は、「2000fuel」。

fuel というのは、Nike が独自に設定している「活動量」の値です。

独自の数値なので、ピンと来ませんが、これは Fuelband で設定できる目標のミニマム値です。

つまり、私の一日の活動量は「少なすぎる」わけです。

運動不足です。

しかし、Ingress を始めると、まあ普段の生活のなかに「ポータル」をもとめてさまよう時間が増えます。

after-ingress

明らかに、活動量が増えますね。

これを見る限り、ダイエットにも効果があると思われますが・・・。

ちょっと気になる「時間」のロス。

こいつはいいや!

と、思いたいのですが、事はそう単純ではなく。

このグラフで問題になるのは、「時間」です。

この活動量を得るために私が何時間 Ingress へ投資したのかです。

その時間なんと、一日あたり、1時間半〜2時間半。

もう一度確認したいのは、Fuelband に設定した目標はあくまで「最低限の目標」です。

最低限を達成するのに1時間〜2時間かー。

これは効率が悪い気がする・・・。

なぜ効率が悪いのか?

問題は「止まる時間が多い」ことにあるのではないかと。

もうちょっと根本的なところから表現すると、あくまで Ingress はゲームであって、ダイエット効果はオプション。

だからではないかと。

止まる理由その1 グリフハック

グリフハックとは、普段よりアイテムを多くもらえる簡単?なチャレンジゲームの様なものです。

パターンを覚えて、表示された順番通りにパターン(図形)を同じように入力できれば成功です。

不足しがちなアイテムを多く獲得できるので、ヘビーユーザーの方ほど重宝されているのでは無いかと思います。

しかし、このグリフハック、レベルの低いうちはそうでもないのですが、レベルが上がると複雑化します。

そうすると、歩きながらと言うわけには行かなくなります。

せっかく歩いて遠くまで来たのに、アイテム増加のチャンスをみすみす逃すのも・・・。

と、足を止めてチャレンジしてしまいます。

止まる理由その2 攻撃とレゾネーター設置

敵陣地のポータルを壊そうと思ったら、攻撃を仕掛けるわけですが、防御力の高いポータルほど時間がかかります。

そのあいだ、基本歩くことは止まります。

また、レゾネーターの設置も場所によって、効果が変わってくるので基本は止まって設置することになります。

設置だけならそんなに時間もかからないかも知れませんが、

「敵陣地のポータル攻撃 → レゾネーター設置」

となると、その場にそれなりの時間止まることとなります。

こうした時間はほぼ「ゲームの時間」として過ごすことになります。

有酸素運動って?

運動のことはあまりくわしくないのですが、ダイエットに向いている運動は「有酸素運動」だと良く聞きます。

【参考記事】
有酸素運動はダイエットに効果的?【室内でも心拍数管理!】

有酸素運動ってどういう運動?

というのを調べてみると、wikipedia には

一般的には、「身体にある程度以上の負荷をかけながら、ある程度長い間継続して行う運動」はすべて有酸素運動とみなすことができる。

とのことです。

上記の記事でもありますが、ダイエットに効果的な有酸素運動は「20分」以上とあります。

Ingress やってて 20分歩き続けることがあるだろうかと・・・・。

結構止まってることも多いよなー。

と、考えるとまあ、ゲームのついでにダイエットをしている以上、判っていることではありますが「効率の面での無駄」が気になってきます。

運動をするきっかけとしては素晴らしいけど効率は悪い(というか求めたらダメ)

確かに、ずっと座って生活している人間が、いきなり運動を続けるのは敷居が高いです。

しかし、Ingress の様に「楽しみながら」運動するきっかけを自然とつくれる。

と言う意味では、Ingress は素晴らしいツールであり、きっかけだと思います。

しかし、本来の姿は「ゲーム」。

確かに現実世界を歩くのである程度ダイエットの効果は期待できると思いますが、主に「ダイエット」が主になると効率の悪さが目立ってきます。

これだったら、30分ちゃんと集中して歩いた方が良いぞ・・・。

と、なります。

まあ、冷静に考えれば判っている事なんですけどね。

ダイエットするなら、ちゃんとその意識を持って、活動する必要がありそうです。


はじめよう! Ingress(イングレス) スマホを持って街を歩く GoogleのAR陣取りゲーム攻略ガイド できるネットeBookシリーズ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク