【オススメ】Google Drive 有料版を検討しているなら「G suite」を検討してみては?パソコンの容量が空きますよ

スポンサーリンク

Google Driveの容量を1TBにするのなら

いよいよデータ保存をクラウドに頼ることにしました。

といっても半ばほとんど頼っていたりするんですが。

Google Driveでは普段からファイルを保存しておくために利用しています。

特に、場所によって扱う端末を変えることが多いので、共通で使うファイルはGoogle Driveで保存しています。

もちろんオンラインが前提ですが、OSが違ってもブラウザ経由でファイルのやり取りができるのは助かります。

完全に保存用のデータに関しては別途外付けHDDを用意して保存していますが、頻繁に使用するデータはクラウド上で管理しています。

何か端末にトラブルが起きてもクラウド上だと安心ですしね。

ということで、これまで「Google Drive」を利用してきました。使っていたのは1TBのプランです。

まあ、1TBあれば個人的には大丈夫です(動画など大容量ファイルを扱うようなケースは全然足りないのかな…?)。

容量的には全然余裕もあるので、快適に使っていたのですがこちら「同期」はしていませんでした。

Google Driveを同期してしまうと…

これはGoogle Driveだけではなくて、DropboxやOneDriveなど別のサービスでも同じことが言えるのですが。

PC端末上のファイルと同期してしまうと、PC端末上に同様のファイルが存在してしまい、端末側の容量削減という観点においては全く貢献しないことです。

バックアップとしては確かに便利なのですが…。ファイルを更新したりするたびに何だかCPUやらネットワーク通信が動くのはなんか落ち着かないのです(神経質じゃないと思うんですが…)。

よって、随分と前からこの「同期」はしないようにしていました。必要なときだけ動いてくれれば十分。

また、出先でうっかりPCを立ち上げると…。モバイル端末回線でデータの同期をしてしまい、回線をムダにつかってしまったり同期するためにCPUも喰えば電池も喰います。

余裕がある時はいいんですが、こういうのって「あー電池がヤバイ」というときにやってしまうんですね。

そもそも常にドライブの同期のことを気にするのも非常にストレスです。

よって、保存したい時にブラウザ経由でアクセスしてデータをやり取りしていました。

同期しなくていいクラウドストレージ「Google Drive File Stream」

そろそろGoogle Driveの更新時期が近づいてきたので、改めて更新しようと思っていたんですが。

その時思い出したのが、「Google Drive File Stream」です。

そもそもの話をしますと。

こちら、いわゆる「G suite」というGoogleが提供する仕事用アプリの統合環境。とでも言いましょうか。

以前は「Google Apps for Business」と呼ばれていた代物です。

主にビジネスでの活用が前提なので、お仕事利用がメインじゃないの?と、思う方もいらっしゃるかもしれませんが、こちら一人でもつかえますし、個人でも契約もちゃんとできます。もちろん、お仕事で役立つことは事実なのですが。

で、この「Gsuite」を契約すると、Google Drive の容量もついてくるんです。

そして、その中で提供されている「Google Drive File Stream」。これが超絶に優秀なわけです。

大きくメリットを2つ挙げると。

Gsuiteを契約すれば、Google Drive とほぼ同じ金額で1TBのGoogle Driveが利用できる

ネット上に「外部ストレージ」が作れる

のです。

まず金額面から見ていきますと。

G suite にて Business プランを申し込むとGoogle Drive の容量が1TBついてきます。

個人利用だと1TB。4人以上で使うと容量は「無限」になります(Businessプラン)。このへんは組織で使った方が恩恵が大きいです。

一方、Google Driveのストレージプランを単体で年間契約すると1TBプランで13,000円ですが、G suiteのBusinessプランは、月額1,200円。年間で計算すると14,400円で若干割高です。

しかし、Google Drive File Stream には、年間1,400円の差を埋めるどころか、十分すぎるメリットがあります。

PC上で同期しないので、ローカルストレージに余裕が

Google ドライブファイルストリームは手元のPCと同期しなくていいというのは、単純にGoogleドライブで同期を「OFF」にしている状況とは全く違います。

百聞は一見にしかずとはいいますが、Google ドライブファイルストリームを使うとこうなります。

Cドライブが既にパンパン…。ですが、隣に外部ストレージ「Google Drive File Stream」がGドライブとして装着されます。

Google ドライブをPCにマウントしたような形になります。つまり「外部ストレージ扱い」と思っていい。

ネットが繋がれば、いつでもファイルへアクセスすることが可能。

誤解を含めて簡単に説明すると、Windowsなどの「フォルダ」のひとつとして扱えてしまいます。

コピー&ペーストや、ドラッグでファイルを移動する事もできます。

アプリケーションで参照して画像を開いて加工することも出来てしまいます(ネット環境が貧弱だとちょっとしんどいかも)。

直接ドライブを見に行っているようなものなので、同期も必要ありません。

これはすごい。

扱うPC端末が違っていても、Google アカウントにログインさえしてしまえばOK。どこでも使えます。

Google Drive File Streamを使うには専用のアプリが必要ですが、インストールも簡単です。

Google Drive のダウンロードページからビジネス用のアプリを落としてくるだけです。後は指示に従ってインストールするだけです。

現状は、Windows版とMac版しかアプリケーションがありません。

Linuxユーザーは使えないのが非常に残念です。

あと、スマホユーザーもGoogle Drive File Streamを利用することは出来ません。

しかし、Linuxもスマートフォンもブラウザベースや既存のGoogle Driveアプリでアクセスすることは可能です。

普通のGoogle Drive としても利用可能です。

【ちょっと要注意】G Suiteのアカウントを持っていることが前提です

これは、G suiteに申し込んで初めて知ったのですが。

既存のGoogleアカウントを、G suiteアカウントへ「アップデート」することは不可能です

既存のGoogle アカウントをお持ちの方は、そのアカウントとは別に、新規の「G suiteアカウント」を発行する必要があります。

そのため、今使っているアカウントと連携してないと意味が無いという方にはおすすめできないかも。

一応、メールやカレンダーの移行ツールはありますが、メールなどのアドレスは変更する必要があります。

また、G suiteを利用するためには、「ドメイン」が必要となります。

これも人によっては敷居が高い?かも。

ドメインを持っていることの承認作業があるので、これは必ず必須となります。

個人でサイトを運営している方ならそのドメインで承認作業が可能ですが、サイトを運営していない方だと準備が必要です。

この辺もビジネス向けな印象ですかね…。

利用するのであれば、「個人用」と「仕事用」としてきっちり分類できる人にはメリット大きいかもです。

この他、ビジネス用に役立つサービスも

もちろん、G suiteはドライブだけのために存在しているわけではありません。

この他にもビジネス活用で便利なサービスがあります。

Cloud Search は Google のアプリに依存しきっていることが前提ですが、スケジュールから資料など全てのものを一括で検索して把握できます。

Google Chat もあります。まだリリースされたばかりのツールですが、Chatから即座にGoogleカレンダーにスケジュールを入れられるのは便利です。

まあ、それもこれもGoogleに依存しているからこそ…。便利と感じるのかも…。

そのへんも活用できるとなると、Google Drive にお金を支払うよりは、G suiteを個人でも契約したほうが幸せにはなれそうです。

誰でもできる! G Suite導入ガイド
  • 株式会社サテライトオフィス
  • 価格   ¥ 3,024
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックして今すぐチェック
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク