Googleが Hangout 専用のウェブサイトを公開

スポンサーリンク

そういえば、無かった?Hangout のウェブページ

皆さんは、Google のチャットサービス「Hangout」をお使いでしょうか?

Android ユーザーの方の中には、「SMS」で使ってる。

と言う方が多いかも知れません。

しかし、残念ながら日本では、LINE Facebook に押されてあまりユーザーは多くありません。

はっきり言えば、少ない。

正直私の周りにも、ハングアウトを使っている方は少ないです。

Android 端末を持っている方が、「SMS」サービスの受け口として使っているのがやっと。

それも「ハングアウト」とは理解せずに・・・。

さらに、最近の Android では「メッセンジャー」という新手の「SMS」を受けるアプリがいます。

そんな日本では不遇?な状況にあるハングアウトですが、この度「web版」が公開。

ハングアウトを使うだけのために存在するwebアプリケーションは実は初登場。

これまでハングアウトを PC で利用しようと思ったら、

  • Gmailのwebサービスを開く
  • inboxのwebサービスを開く
  • Google+のwebサービスを開く

という選択肢しかありませんでした。

Gmail の脇にずーっといたんですけどね。

こうした「何かの機能と一緒に提供されたいた」という存在からの独立です。

スマートなUI

hangout

こちらが公開されたサイト。

ハングアウトは、写真や絵文字、グループでのビデオ通話を通じて会話を楽しめる、無料のコミュニケーション ツールです。パソコンはもちろん、Android や Apple の端末からでも友だちとつながることができます。

へアクセスすることで、確認できると思います。

非常にシンプルで、ハングアウトを使うだけのために存在しています。

今までありそうでなかった・・・。

もっと、早くこの画面があれば、もうちょっとシェア広がったんじゃないかな・・・。

そうでもないか・・・。

Hangout の便利な機能

基本的に他のサービスで展開されているチャット機能はだいたい使えます。

今回は、そのハングアウトの中でもちょっと他のチャットとはちがう面白い機能を紹介したいと思います。

それが「描画モード」。

描画モードとは、自分がその場で書いた絵を送れる機能です。

描画モードを使ってみる

ハングアウトの入力画面を起動します。

すると、入力画面の下に「鉛筆マーク」が出てきます。

これが、描画モードの入り口です。

hangout-byouga

クリックすると、描画用のスペースが出てきます。

hangout-campus

ここに絵を描くことが出来ます。

これはなかなか便利そう!

と、最初は思ったんですが、なぜか PC でしか使えません。

これは、どう見たって、スマホ向けの機能ではないのかなと。

何度もスマホで探すんですけど、見つかりません・・・。

無いようです。

最近の Windows タブレット系の端末のように「ペン」がついてると、活用できるかもしれません。

しかし、普通のマシンでは、「マウス」ないし「タッチパッド」で描く必要あります。

hangout-drawing

例があまり良くないかも知れませんが、こんな感じで描いて送信できます。

スマホでは現状作成できないみたいですが、送られてきた画像を見ることは可能です。

スマホにもこの機能をがんばって開発していただけると、スマホでの利用率上がる気がするんですけどね。

どうですかね、Google さん?

というわけで、もし良かったら 「ハングアウト」も使ってあげて下さい・・・。


How Google Works

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク