Gmail の機能でずっと気になっていた「タブ機能」を表示させてみた

スポンサーリンク

もうだいぶ前から気になっていたんですが・・・タブの表示の仕方が判らなかった・・・

昨年 Gmail が誕生してから 10年というニュースも流れていました。

Gmail を使い始めたのかは、正直覚えていません。

ただ、日本語が使えるようになったか、日本でサービスリリースされたタイミングで使っていたと思います。

なので、10年くらいは使っているんだと思います。

こんな長いお付き合いになるとは思ってもいませんでした。

ただ、その付き合いの中でずっと気になっている事が1つ。

ずっとと言っても、この数年のことなのですが・・・。

いつからか登場したタブ機能

おそらくもう2年ほど前くらいでしょうか。

Google が Gmail 上で「タブ機能」を発表しました。

個人的にはどうでも良かったのでスルーしていたんですが、最近は新しくアカウントを作ると、この機能が最初からオンになっています。

タブ機能ってどれだよ?と思う方もいらっしゃるので、どこかというと。

この部分です。

gmail-tab

機能としては、「ソーシャルネットワーク」「プロモーション」「新着」と言う感じでメールの属性によって、タブで分類してくれます。

これらはデフォルトで対応してくれます。

発表された当時、私は勝手に「自動で表示されるもの」と思って、ずっと待っていました。

なんか、そのうち表示されるんだろうなと。

ただ、実用性をまったく感じていなかったので、正直どうでも良い。

と、思っていました。

ただ、半年を過ぎ、1年を過ぎても表示されません。

さほど興味もないので、放置していました。

しかし、ある日、

「あ。これはどうやら、何かを設定しないとならんらしい」。

と、気がついたときには 2 年が経過していました。

ようやく Gmail のタブ機能を表示してみる

設定はGmail の画面から実行できます。

画面右上の「歯車」をクリック。

メニューの中に「受信トレイを設定」と言うのがあります。

こちらから、設定可能。

setting-menu

クリックすると、タブの設定画面が表示されます。

gmail-tab-setting

あとは、表示したいタブを選らんで表示するだけです。

あれ?設定されているような

タブが表示されないので、ずっと設定されていないかと思っていたんですが。

実際設定はされていたような?

複数個所に表示にチェックが入っていたんですが・・・。

表示されていなかったですね・・・。

もしかしてレアケース?

とりあえず、表示したいタブを選択して、「保存」。

無事、表示されるようになりました。

特に期待してなかったんですけど・・・。

機能的にはずっと期待していなかったんですけど。

だから、放置だったわけですが。

これが案外便利。

自動で、プロモーションメールを分類したり、SNS 関連のメールも分類してくれる。

全く必要ではないけど、ときどき見るんだよねー

という、ビミョーに削除しきれないメールたちの通知を簡単にその他のメールと分類してくれます。

一覧表示でも、同じ系統のメールが集まるので見やすい。

スマートフォンでは完全に 「inbox派」なんですが、PC では今でもGmail。

これは、2年間完全に失われた時間を過ごしてしまいましたわ・・・。


メールの超プロが教えるGmail仕事術

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク