【Chromebook生活:第7回】Chromebook 購入するならこれだ!を選んだその経緯

スポンサーリンク

色々悩んだ結果、acer c720 を購入

ついに日本でもchromeboook が一般にも販売され始めました。

とても楽しみに待っていたんですが、いざ発売されてみると・・・。

はて、どれを買ったんもんだろうかと・・・。

想定では色々考えてはいました・・・。

日本で手に入るラインナップやら海外から輸入する場合も含めいろいろ考えて行き着いたのが結局、

「acer c720」でした。

取り急ぎその経緯はこちら。

chromebook を購入するにあたっての条件

・3 万円くらい
・画面サイズは 11 インチくらい
・軽い(1kg前後。1.5kg は勘弁)
・比較的ハイスペックであるとなおよし

といったものです。

サブノートしてちゃんと活用できるもの

をチョイスしたい。

第一候補 HP Chromebook 11 クロームブック

こちら、日本国内では販売されていません。

個人輸入するか、Amazon で並行輸入品を購入するか。

という選択になります。

魅力だった点:【USB で充電できる。】

の一択。

これは下手に充電器を持ち歩かなくてよいということで、すごく魅力的でした。

重量も 1kg ということで条件としてはバッチリです。

ただ、購入に至らなかったのは・・・。

【購入しなかった理由】

・ちょっと予算オーバー(並行輸入でAmazonで3万8千円くらい)
・2GB メモリ
・CPU が Samsung Exynos 5250

です。

あまりよい噂を聞かない Exynos。

Chromebook という商品に未知な部分が多い事もあるので、今回はパス・・・。

国内販売されているマシンに同金額でスペックが上の物もあるので、イマイチピンとこず。

USB で充電できる点はすごく興味深いんですけどねー。

第二候補 HP Chromebook 11 G3

こちらも HP の製品です。
HP、HP Chromebook 11 G3を日本で教育機関・法人向けに発売

スペック的にはすごく良いんですが・・・。

法人向けだった・・・。

終了です。

第3候補 Dell Chromebook 11

こちらは個人向けに販売されている DELL の商品です。

魅力だった点:【メモリ 4GB にできる】

購入しなかった理由:【メモリ4GB にすると、5万近くになる】

えー。高い。

4GB が諸刃の剣となり断念・・・。

スペック的には遜色ないものでしたが、ちょっと高いなあ。

第四候補 acer c720

と、最後の候補となった acer c720。

結局こちらを購入。

こちら、12月19日が発売日でした。Amazon で予約を受けつていたのですが、直前の18日まで悩んで購入。

魅力だった点:【メモリ 4GB でも 3万円】

買わなかった理由:【なし。買ってしまった。】

決してメインマシンにならないと判っている端末なのであまり高い金額は出したくないなと。

ただ、余裕の無いスペックでの運用もしたくない。

というワガママなオーダーを満たしてくれそうだったのが、この acer c720。

CPU は Haswell を搭載。

Amazon の比較表だとIntel Celeron プロセッサー 2957Uだけど、

acer のページだと 2955U。どっちだ・・・?

まあ、最新っぽそうです。

デメリットとしては・・・。

【国内販売されている端末の中ではバッテリーの持ちが短い】という点です。

他が、10時間であるのに対して、7.5時間(Amazon に掲載されているスペック)はちょっと短いです。

公式サイトでは、8.5時間です。

なんか、ちょいちょい Amazon と 公式サイトのスペックが違いますがどっちが本当なのだろう(笑

電池に関しては、使用状況で全然違うのであまりあてにならないとはいえ・・。

2時間以上違ってくると少し心配ですね。こうなってくると、USB充電の魅力が思い起こされる・・・。

重さに関しては、1.2kg。まあ、許容できる範囲・・・でしょう。

という事で詳しいレビューは次の記事にて・・・。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク