Chromecast活用方法。テレビじゃなくても使えます

スポンサーリンク

当たり前ですが、HDMI端子があれば外部ディスプレイでも行けます

Chromecastを使い始めて数日ですが、いろいろわかってきた?ことがあります。

そもそもテレビのHDMIじゃなくても作動するわけです。

なので、自宅の外部ディスプレイにHDMI端子があればそちらとつないで使用することができます。
ディスプレイの音声端子にスピーカーをつけてしまえば、まあ、ディスプレイの質にもよりますが、ちょっとしたYoutubeなど鑑賞するには持って来いです。

Chromecast活用方法

あくまでもタブだけが共有される仕組み

というのもちょっとお気に入りです。

打ち合わせなどで、画面を見せたい時ってあるんですが、Chromeのタブに表示できるものならディスプレイに表示できます。

もちろん、テレビにも表示できます。

これが、いいのは「うっかり変な画面を見せることがない」ということです。

人に見せるときは、気をつけろよ!

という話ですが、案外別の作業をしていて、画面を切り替える際にうっかり関係ないクライアントのものを見せてしまった失敗はないでしょうか。

特に何も言われなくても結構、気まずいですよね。

このChromecastの場合、共有されるのは画面ではなく、「Chromeのタブ1つ」が共有されているので、PC側で画面を切り替えても、画面には共有をかけている「タブ」だけしか表示されません。

画面を見せながらちょっとメモ書いたり、ちょっと別のチャットに返事したりが自在です。

AppleTVは画面ごとの共有なのでSkypeなどのチャットが映り込むという危険性があったりで気を使いました。

そういった点では気軽に使えます。

最初は遊びで購入したアイテムでしたが、結構使えちゃってます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク