【chromebook 生活第13回】chromebook で skype をインストールして使用する。

スポンサーリンク

skype の知名度はやはり高いわけでして

「skype でミーティングしましょう。」

なんてことは、IT 関連の企業でなくても最近はいろんな企業でそんな場面あるんじゃないでしょうか。

しかし、残念なことに Chromebook での skype 利用は公式にはできないことになっています。

【chromebook ヘルプ Chromebook での Skype の利用について】

Chromebooks で Skype をご利用いただくことはできませんが、Chrome ウェブストアからハングアウト アプリを追加して、ビデオチャット、インスタント メ

ヘルプを呼んでみると chromebook でハングアウトしか使えないから、ハングアウトで 通話してくれ。

となっています。

確かに通話相手がハングアウトを使っていてくれたらよいのですが・・・。

Skype は利用されていても、Google ハングアウトまではなかなか利用されていないケースが多いように思います。

やっぱり、Skype があったほうが、何かと安心ですよね・・・。

Skype をインストールしてみる

転ばぬ先の杖ではありませんが、やっぱりあったほうが便利だな。

ということで、Skype をインストールしてみました。

Chromebook で Skype を利用する方法は結構色んな所で公開されています。

あえて、ここでご紹介するまでもないのですが・・・。

Chromebook で skype をインストールする際のポイント

  1. Chrome の拡張機能をデベロッパーモードにする
  2. ARchon をダウンロードして、chrome 拡張機能へ追加
  3. Skype for chromeOS をダウンロードして拡張機能へ追加

以上が、Chromebook で Skype を使用する際のポイントです。

chrome の拡張機能をデベロッパーモードに

chrome で Skype を利用するためには「拡張機能のデベロッパーモード」をオンにする必要があります。

そのためには、拡張機能のページを開きます。

方法は2つ。アドレスバーに

chrome://extensions/

と、いれるか右上の設定ボタンから

設定 > その他のツール > 拡張機能

と辿ります。

devmode-on

チェックボックスを「ON」にするだけです。

ARchon をダウンロード

下記のページからダウンロードします。

chromeos-apk - ☢️ Run Android Apps in Chrome OS OR Chrome in OS X, Linux and Windows.

注意すべきは、ダウンロードする「ARchon」のバージョンです。

2015 年 2月 19日現在だと、最新版は 1.2 です。

しかし、このバージョンは使えません。

Skype側のARchon対応バージョンが、1.1 なので・・・。

なので、ダウンロードするバージョンは「ARchon 1.1」です。

上記ページ内、下側の「Older downloads」にあります。

Archon-downloads

また、32bit 64bit の選択もあります。

インストールするマシンのスペックを確認してください。

「chromebook のスペックってどうやって確認するの?」

というかたはこちらをご参照ください。

【参照ページ】
【Chromebook生活:第9回】chromebook でマシンスペックをみる

ARchon とは?

ちなみに Archon とは何かというと、「Chrome 上で Androdi アプリを実行する」ものです。

エミュレーターではなく、chrome 向けに変換された Android アプリを実行するランタイムです。

今回の Skype も Android アプリをもってきて実行しようという趣旨です。

Skype for chromeOS をダウンロードする

続いて、Skype for chromeOS を下記のページからダウンロードしてきます。

skype-chromeos - Skype For ChromeOS

skype-for-chromebook-dl

上記ページの右下のほうにダウンロードボタンがあります。

こちらの Skype は Chrome ブラウザ(ARchon)上で実行できるように調整されたモノです。

chromebook でダウンロードしたファイルを解凍する?

上記2つのファイルはそれぞれダウンロードフォルダに保存されます。

こちらをchromebook 上で解凍します。

別の PC でダウンロードして解凍してもよいのですが、せっかくなので Chromebook で行います。

chromebook での解凍作業

他の OS でも同じようなことができたと思うのですが・・・。

Chromebook だと以下のようになります。

  1. 圧縮ファイルをダブルクリック > 中身を表示
  2. 表示されたファイルをコピー
  3. 別の場所にペースト

です。

もうちょっとよくよく見てみると、zip ファイルはダブルクリックすると「マウント」されているようです。

Screenshot 2015-03-24 at 23.02.44

こういう感じになります。

この中からファイルをコピーして取り出します。

解凍したら、Chrome 側から読み込みます。

読み込む際には、再び「拡張機能」の画面へで実行します。

file-import

まずは、ARchon から読みこみ。

【ファイルパス】

vladikoff-archon-a565a6e563d1

いま、解凍したファイルを選択して開くで取り込むことができます。

その時、エラーが出てきます。

以下、エラー内容。

この拡張機能をインストールしようとしたときに、次の警告がありました。’minimum_chrome_version’ is only allowed for extensions, hosted apps, legacy packaged apps, and packaged apps, but this is a shared module.Unrecognized manifest key ‘arc_build_tag’.

続いて、Skype のファイルも読み込みます。

上記、ARchon と同じように拡張機能から読み込みます。

こちらは読み込む階層が少し深くなります。

skype-chromeos-master > Version 1.1 > Archon Version

こちらのディレクトリを選択して開きます。

こちらもエラーが表示されてしまうので、念のため確認。

この拡張機能をインストールしようとしたときに、次の警告がありました。Unrecognized manifest key ‘arc_metadata’.

この2つを読み込んだら準備完了です。

エラーは表示されてしまいますが、ちゃんと動くようです。

アプリのウィンドウを見ると Skyepe がいると思います。

Screenshot 2015-03-24 at 23.16.08

こうなっていると思います。

Skype を起動してみる

起動するとこんな感じです。

Screenshot 2015-03-24 at 23.17.36

起動するまでちょっと数秒かかります。

起動してログインすると、こんな感じです。

Screenshot 2015-03-24 at 23

チャットも出来ますし、もちろんカメラを使って音声通話もできます。

唯一の欠点?画面サイズが縦長・・・

モバイルを流用していることが原因かもしれないのですが、動画によるチャットを行っても縦長の画面のサイズが変わりません。

常にこの幅。

skype-window-size

よって、相手の映像などがかなり「狭い感じ」で表示されてしまいます。

また、通話した相手も「狭く」見えているようです?

まあ、音声通話はできるので使い方次第ですが、「広角に会議室を捉える」というような使い方は無理そうです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク