ようやくGoogle app engine の 「Migrate to High Replication」に対応する

スポンサーリンク

8月の段階でGoogleから移行の通知は来ていたわけですが。

8月にGoogleよりapp engineのdatastoreにて”master/slave”が廃止になり、
早く、”High Replication”への移行をするようにと、お達しは来ていました。
ただ、なかなかapp engineを利用する機会もなく、今まで放置していました。
久々にapp engineにログインしたところ、管理画面上でもひっきりなしに
移行を勧められたので、ここでようやく対応することとなりました。
実際、”master/slave”と”High Replication”の見分け方ですが、
app engineにログインしてアプリの管理画面を見ると、
といった感じで、並んでいますのですぐ見分けがつくかと思います。
上記画像では”master/slave”が2つあるわけですが、これを”High Replication”
へと移行する必要があります。
“master/slave”の横に簡単に移行するためのツールが用意されています。
なので、こちらをクリックすればいいのですが。その前に、予め用意しなくては
ならないことが2つあります。
  1. 移行させるための新しいアプリケーション
  2. 既存のアプリケーションをこの新しいアプリケーションへコピー
の2つです。
要は、新しいアプリを作成して、そこに既存のアプリのデータをデプロイ
して移行をしておく必要があるという事です。
ここで、既存の名前を利用したい場合などは、一旦、アプリ名を変更して
それから同じ名前の新しいアプリを作成するという作業が必要です。
特に気にしない場合は、新しい名前を用意してデプロイすれば良いのですが、
この際、注意点としては、app.yamlの中身の記述を変更する必要があります。
おそらく1行目に書かれていると思われます。
application:(アプリケーション名)ここを既存の名前のままにしておくと、
既存のアプリにデプロイされますのでご注意を。(私はやってしまいました)
で、新しいアプリにデプロイしたら、移行作業の開始です。上の画像にもある
“Migrate to High Replication”をクリックして移行ツールのページヘ移動します。
“Destination Application”が移行先、つまり新しく用意したアプリになりますので
そちらを選択します。
“Notify me via email after the completion of each step in the process”
は、作業完了などの通知メールの設定ですが、こちらはチェックをいれて
受信することをお勧めします。
なぜなら、ページ上で作業状況は更新されているようなのですが、表示が
全く変わらず、数時間も待っても変わらないけど、実は完了していました。
という事があるようなので。

以上の2項目を確認したら、Start Migrationで移行作業開始です。
いくら待てども、画面のステータスも変わらず、完了メールも来ない!

と、いう場合は一度キャンセルして、「revert migration」ボタンで
再開するとすぐに終わることもあるようです。※未検証

実は、python2.7の利用が正式に開始されているのでそちらも移行を
検討したいのですが、それはまた次の機会に。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク