【海外】Dartの勉強ができるサービスをGoogleがスポンサード

スポンサーリンク

Dart とは?

Dart は「Javascriptの代わりとなる言語」としてGoogleが設計した言語です。

発表されたのが、2011年10月ですので非常に新しい言語です。

Dart の目的は

  • Javascript の解決ができない言語上の問題を解決する。
  • Javascript より優れたパフォーマンスを発揮する
  • 大規模開発での運用を可能にする
  • セキュリティ面でもより優れた言語にする

といったところだそうです。

【参照】Wikipedia

個人的には、ずっと気にはなっている言語ですが、まだ「仕事上」で出会ったこともなく、プライベートでも軽く触った程度でまだ理解しているとは言えません。

勉強するにしても、まだ圧倒的に資料が少ないのが現状

現状、テキストを買って勉強しようにも他の言語と比べて圧倒的に数が少ないのが現状です。

Amazon でダートを検索した結果

現状、2冊 O’RREILY の書籍があるだけです。

ちなみに Kindle 版です。

この他には、日経Linux で特集されたりしていますが・・・。

Google と codeschool が Dart コースを開設

日本で言うところの「ドットインストール」でしょうか。

動画で、プログラミングが勉強できるサイト「codeschool」です。

Learn to code in the comfort of your browser with video tutorials, programming challenges, & screencasts. Sign up today!

ここで、Google がスポンサードする形で Dart のコースが開設されるみたいです。

dartschool

現在は、予告編のページがあるだけです。

だいぶアメコミ風ですね。

メールを登録すると、コースが開設される際に連絡が来るようです。

海外のサービスですので、内容は英語ですが、プログラミングの場合、多くは共通言語だったりしますからね。

そんなに、英語が得意じゃなくてもある程度は判るかも・・・。しれません・・・?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク