GALAXY NEXUS SC-04DのRootを取得する(ブートローダアンロック編)

スポンサーリンク

rootの取得はブートローダーのアンロックが9割

GALAXY NEXUS SC-04Dのroot取得には、ブートローダーのアンロックが必須かつ、
この作業が全体の9割くらいを占めます。

以前、e-mobileのSony Ericsson S51SEのrootを取得したのと比べると、幾分楽かもです。

では、早速rootへ向けたブートローダーのアンロックの手順です。

※ブートローダーをアンロックすることは、ドコモの補償の範囲外となります。
※データがすべて消えます。バックアップをおすすめします。
※こちらは、操作次第では、端末が文鎮化(起動しない状況)になる可能性があります。
自己責任の上で、作業してください。

Android SDKをインストールする

今回の作業は、windowsで行います。理由は、何かと作業が楽だからです。

実際は、Archlinuxにインストールしたvirtualboxで動作しているWindows8で行なっています。

Android SDKのインストールに関しては、以前の記事である【Windows】Android SDKをインストールする
を、参照下さい。

ブートローダーを起動しておく

・GALAXY NEXUS SC-04Dの電源を落とす。
・ボリュームアップ、ボリュームダウンを同時に押しながら、
・ボリュームボタンを押しながら、電源ボタンを長押し。

以上の手順で、ブートするとブートローダーが起動します。
Droidくんが横たわって、胸のパネルを開いた画面が出てきます。

ブートを確認したら、USBでPCへ接続します。
この段階で、Windows側にて再起動を促すポップが開くと思いますが、現段階では「後で再起動」を選びます。

まずは、デバイスマネージャーから接続されたGalaxy Nexusを探しに行きます。

スクリーンショット - 2013年08月15日 - 06時13分31秒

認識されていると、ほかのデバイスの中に「Android1.0」がいます。
スクリーンショット - 2013年08月15日 - 03時47分58秒

これを右クリックして「ドライバソフトウェアの更新」を選択します。
ドライバの更新方法を尋ねられるので「コンピュータを参照してドライバソフトウェアを検索します」を選択

スクリーンショット - 2013年08月15日 - 03時48分34秒

さらにコンピューターからどうやって参照されるか尋ねられるので、「コンピュータ上のデバイスドライバの一覧から選択します」を選択。
スクリーンショット - 2013年08月15日 - 03時49分14秒

どのデバイスから参照するのか選べと尋ねられるので、「すべてのデバイス」を選択&「次へ」
スクリーンショット - 2013年08月15日 - 03時49分42秒

「ディスクの使用」をクリック
スクリーンショット - 2013年08月15日 - 03時50分05秒

ディスクを選びます。基本的には、Android SDKを探しに行くことが目的です。
前回記事を参照していただいている方は、Cドライブです。別の場所にSDKを設置した方は該当するドライブを選択して下さい。
スクリーンショット - 2013年08月15日 - 03時50分32秒

ドライバのパスは、c:/Android_sdk/sdk/extras/google/usb_driver/android_winusb.infになります。(SDKファイルの設置の仕方でパスは変わります)
「開く」→「OK」で進みます。
スクリーンショット - 2013年08月15日 - 03時51分30秒

「Android Bootloader Interface」を選択して「次へ」
スクリーンショット - 2013年08月15日 - 03時51分57秒

ドライバの更新警告が表示されますが、「はい」をクリックします。
スクリーンショット - 2013年08月15日 - 03時52分22秒

「インストール」をクリックします。
スクリーンショット - 2013年08月15日 - 03時53分00秒

更新が完了すると、デバイスマネージャーでの表示が「Android1.0」から、「Android Bootloader Interface」へ変わっています。
(再起動を要求されたら、再起動してください)
スクリーンショット - 2013年08月15日 - 03時56分06秒

ここで、fastboot.zipをxdaからダウンロードしてきます。
ダウンロードしたら展開しておきます。

展開したら、fastbootフォルダ内にてSHIFTキーを押しながら右クリック→「コマンドウィンドウをここで開く」をクリック。コマンドウィンドウを起動します。
スクリーンショット - 2013年08月15日 - 04時01分57秒

コマンドウィンドウにて「fastboot oem unlock」と入力して、エンター。処理が走ります。

スクリーンショット - 2013年08月15日 - 04時16分26秒

接続しておいた端末側に変化が起きます。
ボリュームアップで、「Yes」を選択して、電源ボタンで確定です。
DSC_0101

そうすると、またWindows側のコマンドウィンドウにて、処理が走ります。「Finished」が出てきたら完了です。

完了すると、デバイス側で

DSC_0102

画面一番下の赤字の箇所ですが「UNLOCK」の表示が現れます。

ここまで来たら、ブートローダーのアンロックが完了です。

端末をUSBから外して、通常通り再起動すれば完了です。

このあと、バックアップをとることをおすすめします。

バックアップについては、次の記事でやります。

GALAXY NEXUS SC-04DのRootを取得する(root編)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. […] GALAXY NEXUS SC-04DのRootを取得する(ブートローダアンロック編) […]