Bufferの日本語URLでの短縮URLがおかしい

スポンサーリンク

TwitterやFacebookに記事を転送しているんですが

9月5日まではちゃんと投稿で来てるみたいなのですが、それ以降の投稿で短縮URLがおかしいことに。

どーも、日本語の短縮URLの生成が微妙。Wordpressを利用してそのままタイトルをURLにしているので、影響が出てます。

例えば、「!」とか、「。」などが入るとどうもそこで切れしまうような状況です。

実際のサンプルです。

人生をティンカリング(いじくりまわす)するブログ
未分類/ガッチャ〇〇みたい。新しいロボコップが登場/

こうなると、ちょっと見にくいですし、実際つながってなかったり、詳細記事ではなくて、ディレクトリのトップへリンクされていたりと、あれれ?という感じです。

おそらく、URLを「日本語のまま」取得してしまっている感じです。
通常なら、UTF8にエンコードする前の「WB%E6%9C%AA%E5%88%86%E9%A1%9E/・・・・。」こんな文字列を取得してるはずなんですけど

まあ、そんな長いURLを使ってるわけでもないので、短縮URLにしなくても良いかなー・・・。

現状の解決方法としては、3通り

・Wordpress上でのURLの書き方に注意する(短縮URLにわかるようにする)

・もう短縮しない。

・一度、Bufferのダッシュボードへアクセスして、エンコードされていないURLで投稿する(めんどくさい)

一応、検討も含め、「短縮しない場合」の設定方法or別の短縮サービスの選び方

こういった場合、Bufferのサイトいて、設定ができます。

サイトの左上、settingsから設定出来ます。

buffer setting

「Linkshortening」を選択すると、設定画面が開きます。

9月7日現在では、

・No Shortening 短縮URLなし

・buff.ly(デフォルト)

・bit.ly

・j.mp

と、サービスが選べます。

一応、すべてのサービス試してみましたが、日本語のタイトルを着にせず使用した場合、うまく短縮出来ませんでした。

また、このサービスを選ぶ設定は、投稿する各SNSで設定出来ます。「Twitter」では利用するとか、「Facebook」では使用しないなど。

個別に設定しないとデフォルトのままなのでご注意を。

まあ、ちょっとURLの決定を気にしなさすぎ。というのもあるかもしれません。まずは、URLの決定をもうちょっときをつけますかね・・・。

9月8日:追記
9月5,6日でなにかやったかなーと思ってたんですが、特に思い当たるフシもなく。
ArchLinux&Chromiumuでの投稿に問題あるのかと思ったんですが、OSXでも同じ状況なので、これはBuffer側の問題なんですかね・・。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク