【セキュリティ】ChromeやFirefoxの拡張機能どうしてますか?

スポンサーリンク

拡張機能のセキュリティ

PC や、最近ではスマホ(主に Android 端末)のセキュリティ対策が必要です。

ただ、悪意のあるソフトウェアというのは他にもいるものです。

結構利用していると思われるのが、「ウェブブラウザの拡張機能」ではないでしょうか。

最近、拡張機能を追加することも増えているので気になっていたのですが、ちょうど良い記事に出会いました。

悪意のあるFirefoxアドオン/Google Chrome拡張機能を検出して削除することができる「Extension Defender」

最初は問題のない拡張機能が・・・

ちょっと前にネット系の情報サイトでも話題になっていました。

Chromeの拡張機能Window Resizerがマルウェアを含んでいたことが発覚
Google Chromeの拡張機能を介してマルウェアを配布する業者が増加中
-gigazine.net

そもそも「アカン!」というのもありますが、最初は普通の拡張機能だったのが、開発者が変わりいつの間にか「マルウェア」が仕込まれるというパターンがあるようです。

通常の PC 用のウィルスソフトでは検知できなかったりもあるので、ユーザーが気をつけるしかない面もあり、ちょと怖いですね。

Extension Defender は拡張機能のマルウェアを発見してくれる拡張機能

そんな拡張機能に仕込まれた「マルウェア」の存在を発見してくれるのが「Extension Defender」です。

こちら、Chrome と Firefox に対応しています。

以下から導入できます。

Chrome Extension Defender

Firefox Extension Defender

導入したらあとはスキャンするだけ

上記のサイトからインストールしたら、あとはツールバーに出たアイコンをクリックするだけです。(盾みたいなやつ)

extension-defender-icon

もし、問題がある拡張機能がインストールされている場合は、問題のある拡張子の数が表示されるそうです。

幸い自分のブラウザには何もなかったようです。

実際ツールを起動すると、以下の感じです。

extension-defender

これを入れていれば、大丈夫。

と、いうわけではなないでしょうが、ある程度はフィルタリングしてくれそうです。

とはいうものの

結局はユーザーが気をつけるのが大事そうです。

それは、ブラウザだけでなく、PC もスマホも同じですが・・・。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク