スマホゲーム「勇者ああああ」に小学校の頃の熱い気持ちを思い出して懐かしすぎる。

スポンサーリンク

普段はあんまりスマホゲームはしないんですが・・・

ふと、見つけたゲームが「勇者ああああ」。

最近はどのサイトでも「ネットゲーム」や「スマートフォンゲーム」の宣伝は綺麗&セクシーなお姉さんやら、イケメンの綺麗な絵がバンバン登場していることが普通です。

しかし、このゲームは完全にそういったことを放棄しています。

そのクオリティは「友達クオリティ」。

小学校の頃、友達と漫画を書いたりして遊んだり、テーブルトークみたいなことをやってました。

そのクオリティです。懐かしいです(最低限のところが守られているのはプロの匂いもしますけど)。

もう、アプリケーションのアイコンからして小学生。

ひとによっては、アイコンを表示することを嫌悪してしまうかもしれません。

aaaa-icon

ちなみに、Android M にインストールしてますが、動いています。

起動画面の全体像。
aaaa-start

無料で遊べますが、広告がしっかり入ります。

雰囲気出してるのが、絵のクオリティもさることながら、「ノート」に書いてあるところ。

確かに、小学生の頃ノートは黒板の板書ではなく、絵を書くツールでした・・・。

名前は「ああああ」オンリー

確かに、ドラクエで勇者の名前に「ああああ」とつけちゃう人いましたね。

ああああ
いいいい
うううう
ええええ

っていうパーティもいましたね。

この「勇者ああああ」はそんな時代を強制的に反映して、「ああああ」しか選べません。

選べそうな画面なんですが、タッチすると速攻「ああああ」確定です。

name-aaaa

名前の選択画面が出た瞬間、嫌な予感はしましたが。

ゲーム展開は、一本道?

ひたすらタッチしていけば、どんどん話が進んでいきます。

ストーリーも「友達クオリティ」。ゆるい(笑)

基本的には「JRPG」の王道のような展開です。

こちらは最初のプロローグ。

aaaa-prologue

まさに JRPG な展開。
aaaa-prologue2

しかし、随所に勇者らしからぬ、悲しい展開も・・・。

aaaa-prologue3

戦闘はとにかくモンスターをぶった切る

aaaa-action

随所に、操作説明が入ります。

そもそも操作自体は簡単なので、すぐにわかります。

基本的には、画面の敵をフリックしまくって、ぶった切る攻撃スタイル。

aaaa-atack

スペシャルな攻撃をすると、自分もダメージを食らうのがポイント。

基本、相手からダメージは受けないのですが、ワラワラと大群で出てくる敵をさっさと倒すにはスペシャルな攻撃に頼ることに。

その結果、敵を倒すのに HP が足らなくなる。

というのがこのゲームの特徴です。

HP の回復には、「時間の経過」が必要です。

aaaa-money-point

課金もあるゲーム内容だったので、どのタイミングで課金のポイントを作るのかなと思ったら。

どうやら、ゲームが進むに連れてこの HP 回復がカギとなってきそうです。

チュートリアルにも回復の仕方は詳しく出てきます。

aaaa-repair

ストーリーは一本道だけど、移動はゆるすぎるくらい自由

ゲームの進行中(ダンジョンの中だろうが、戦闘中だろうが!)いつでも道具屋や他の場所へ行けるみたいです。

aaaa-move-button

画面下にこのボタンが出ていれば自由です。

お金がたまったら、すぐ買い物ができます。

前のシーンに戻って、何度もミッションをプレイすることも可能(レベル上に最適)。

aaaa-move

また、Twitter で共有したり、アプリの評価を投稿するだけでゲーム内のお金「G」がもらえる「クエスト」もあります。

それから、「課金」のための取引所へも。

aaaa-kakin

なんか裏ワザ売ってくれるらしいです・・・。

女店主も「小学生が考えた美人キャラ」感がなんとも言えず出ています。

ゆるすぎるキャラもしっかりチェック

このゲームの魅力は、「友達クオリティ」というか、小学生の妄想レベルなキャラたち。

「あー、子供の頃こんなん考えたわー」。

と、思い出にふけりながらやってると、徐々に愛着も湧いてきたりしてしまいます。

まかり間違うと、コレクションしたくなります。

そんなときは、最近の RPG ではよくある「キャラリスト」もあります。

aaaa-list

詳細なデータももちろんわかります。

aaaa-list-detail

うーん。詳細というか、ざっくりというか・・・。

システムも簡単で、空き時間にぴったりかも

「勇者ああああ」ですが、RPG としては、とてもシンプル・・・というか、半ば手抜き・・・いや、「友達クオリティ」。

なーんにも考えずにプレイできます。

あと、小学生男子だったことがある人はとっても懐かしい感じになれると思います。

ゲームストーリーも 1990年代のゲーム感が凄まじいです。

この年代に小学生だった方にはおすすめです(30代以上の方ですかね?)。

課金ゲームですが、ちょっとした時間だけプレイするなら課金なしでも十分いけそうです。

仕事に忙しい30代男性のための「子供の頃を思い出す夏休みアプリ」です。

仕事にちょっとつかれたな。という時に、ぜひどうぞ。

子供の頃の純粋な気持ちと、「がんばろう」という気持ちが不思議と湧いてきますよ。

iOS Android 版がありますよ。


Android app on Google Play

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク