勉強がはかどる。ONE NOTE の「バッジ機能」登場。調べたこと、わかったことをバンバン記録できる!

スポンサーリンク

最初は、あんまりイメージがよくなかった「バッジ機能」

ある日、Android にインストールしたアプリたちのアップデートをまとめて許可しました。

自動でやっているものもあれば、確認してアップデートするものもいろいろなんですが。

先日アップデートしたところ、ONE NOTE に変化が。

突然。画面に ONE NOTE が出現。

one-note-badge

ん?何だおまえは。

と、調べてみるとこちらどうやら新機能「ONE NOTE バッジ」だそうです。

【juggly.cn】
Android版「OneNote」にどの画面からでもノートを編集できる「OneNoteバッジ」機能が追加

なるほど。

確かに Facebook のチャットヘッド ような機能です。

ウザイ?

Google で 「Facebook チャットヘッド」と、検索すると・・・。

「Facebook チャットヘッド 消す」

なんて、サジェストが表示されたり。

検索された記事も「うざい」なんて言われていたり。

個人的には、結構便利じゃないかなーと思っていたんですが。

なので、最初は「あ、ONE NOTE が便利になるかも?

と、思っていたんですが。

Facebook と被ってうるさい

このバッチ機能ですが、もともと利用したFacebook のチャットヘッドと被ります。

場所は画面の縁ならどこでも置いておけるので、場所を調整すればよいのでしょうが、似たようなところにいると間違って ONE NOTE が起動しちゃいます。

また、この手のアプリは私においては、Facebook だけだったのでなんとも思いませんでしたが。

2つ以上に増えると、置き場に困りますね・・・。

並べた感じの収まりも悪いな・・・。

facebook-onenote

今後この手のアプリが増えたら大変な事になりそうです(表示するのを限定してしまえば良いんでしょうが)。

また、このバッジ機能はえらく自分を誇示してきます。

置き場所にもよるかもしれませんが、「時計、見えんがな!」

onenote-badge

と、なります。

これはホーム画面のウィジェット機能などとも関係ありますが、邪魔です。

スリープ解除すると、こんな風に「メモをとれ!」と言わんばかりに主張されます。

そこそこ ONE NOTE は使ってますが、さすがにここまで主張されても困ります。

そもそも ONE NOTE にメモ的役割を求めていない

なんだか矛盾した利用方法になっていますが。

個人的には、ONE NOTE には「Notebook」な役割を求めています。

「memorandum」を求めてないんです(Memo っていうのは略称らしいです。正確な単語はこちら)。

付箋で収まるようなことを書く場合というですね。

ちょっとしたメモは、「Google Keep」に書いてます。

考えをまとめたりするのには、ONE NOTE を使っています。

多分、Google Keep がこの機能を採用していたら、神機能だったかもしれません。

書くときは結構多めの量を書きつけるので、そもそも私にとっては「スマホアプリ向き」ですらないのかも。

ということで、ONE NOTE バッジを表示させない

邪魔という時は、消すのは簡単です。

バッジをドラッグして、ホームボタンへむけると、「バツ印」が出てきますので、こちらにポイします。

onenotebadge-off

そうすると、削除できます。

表示したい場合は、アイコンかアプリから

再び使いたいなという時は、ホーム画面に作られた「アイコン」から起動します。

onenote-icon

もしくは、「ONE NOTE」を起動して画面右上の四角の並んだボタンから、「バッジの起動」を選択すれば復活します。

onenote-badge-up

うーん。しかし、個人的な使い方も相まってか。

いまいち便利さが判らない・・・。

あ、そういうこと?

うーん。なんだか邪魔なだけで使い方がピンとこない。

onenote-explain

一応、この「バッジ機能」の使い方を説明してくれます。

ちょっとしたメモも ONE NOTE で書いているなら良いのかも知れませんが。

とはいえ、リマインダー機能など「Google Keep」が優秀。

また、ちょっとしたメモって用事が終わったら不要なことが多いですよね。

Google Keep はサクサクメモをアーカイブできるあたりがすごく便利。

ONE NOTE はもっと記録しておきたいことを記入しているんですよね。

個人的に Ever note が苦手なのは、この「メモ」と「記録」を一緒に扱うあたりが苦手です。

ようやく使うシーンが判る

最近、Duolingo という英語学習アプリで英語力を高めようと企んでいるんですが。

知らない単語が出てきたら、メモを取っています。

英単語のメモは意味を調べる事もしますが、あとで見直すために記録しておきたい情報です。

さらに言えば、似た意味の単語があれば関連して書いておきたかったります。

徐々に、関連情報が増えます。

この時、ようやく「ONE NOTE バッジ」の使い方が判りました。

このアプリのメリットは、「アプリケーションの切り替え」をしなくて済むってことなんですね。

onenote-badge-howto

こんな感じで、常に横にいてくれます。

このとき判らない単語があれば、メモしていきます。

ワンタッチでメモが表示されます。

onenote-badge-pop

あー。これは便利かも。

調べ物をしている時とかも便利かも知れませんね。

普段は居続けられると、ちょっと困りますが・・・。

使い方としては、「使うときに起動する」というのが良さげです。

調べ物をしている時に、起動して気になったことをメモしていく感じですね。

消してしまえー。

と、思っていたけどこれは結構使えるかも。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク