【Nexus6】Nexus6 を購入したのでスペックを比較しつつファーストレビュー

スポンサーリンク

Nexus6 を購入しました

買うつもりはなかったといえばなかったんですけどね・・・。

Chromebook も買ったしなあ。

と、思っていたんですが。

Google Play で在庫を見たら。

日本はまだ「在庫なし」です。

nexus6-googleplay

ところが、よくよく見ると・・・。

いつの間にか Y!mobileで買え!

と、なっています。Google play としては珍しいですね。他の店いけとは・・・w

で、正直に行ってみました。Y!mobile の店舗に。

まあ、実物見たいというのもありまして。

そしたら、普通に在庫あり。

なんだか Google play との温度差を感じてしまいますね。

で、あるなら、買うか。

と、衝動買いしてしまいました・・・。

Nexus6 とiPhone6 Plusのスペック

とりあえず似たところで iPhone6 plus と比較してみます。

Nexus6 iPhone6 Plus
OS Android Lollipop iOS 8
CPU Qualcomm Snapdragon 805(クアッドコア2.7GHz) Apple A8(1.4GHzデュアルコア)
GPU Adreno 420 PowerVR GX6650
RAM 3 Gバイト 1 Gバイル
ディスプレイ 6インチ(1440×2560、493ppi) 5.5インチ(1080×1920、401ppi)
バックカメラ 1300万画素 800万画素
フロントカメラ 200万画素 120万画素
サイズ 159.26×82.98×10.06ミリ 158.1×77.8×7.1ミリ
重さ 184グラム 172グラム
バッテリー 3220mAh 2915mAh

比較してみたものの

なんだか、Nexus 6 の方が、iPhone6 Plus より サイズも性能もちょっと上?

という感じがしますが。

ただ、CPU も GPU も OS もメーカーが違うので単純に比較は難しいなと。

あと、iPhone は一足先に 64 bit 化していますが、Nexus 6 はまだ CPU が 64bit じゃありません。

よって、32bit マシンです。

Apple が 64 bit の性能をどこまで有効に使っているかの議論もありますが、

ここまで違ってくるとこのスペック比較にどの程度の整合性があるのかは正直謎ですね。

その他、Nexus 6 には微妙な防水性能があったり(多少濡れた手で触っても良い。水没は絶対ダメ)という機能を持っていたりします。

iPhone6 Plus は指紋認証などの機能があります。

スマホもスペックで選ぶというよりは、どちらを使いやすいと感じるかが選ぶポイントになってますね。

箱を開けてみる

Nexus 6 の箱です。

nexus-box

今回は、ホワイトを選びました。

最初はダークブルーかと思っていたんですが、ブルーよりホワイトのほうが光沢感があって良いかなと。

nexu6-white

Lollipop の新機能 タップ&ゴー

Nexus 5 にファクトリーイメージの Lollipop をインストールした時から、気になっていた「タップ&ゴー」

これは、新規の端末に既存のGoogle アカウントやらデータなどを簡単に引き継ぐ機能です。

Nexus6 を起動すると初期設定の途中で「タップ&ゴー」の画面が出てきます。

tap-go

このタイミングで、情報を引き継がせたい端末を「ロック解除」の状態で背中合わせに近づけます。

tap-go2

こうすると、引き継ぎ作業が開始されます。

途中一度、引き継ぐ側の端末のログインを解除するくらいであとは自動で完了します。

タップ&ゴー実施の注意点

タップ&ゴーを実施するときは「Bluetoothがオン」である必要があります。

節電アプリなどで Bluetooth を OFF にしていると、タップ&ゴーの時に勝手に OFF にされることがあるようです。

タップ&ゴーの途中で「接続が切れました」

と行った表示が出る場合は、Bluetooth の設定を確認してみると良いかもです。

タップ&ゴー実施時は節電アプリ等の設定で Bluetooth を OFF にしないようにしておいた方が無難そうです。

タップ&ゴーではアプリは移らない

タップ&ゴーで引き継がれるのは「Google のアカウント」です。

その他のデータも Google 関連は引き継がれるようです。

しかし、その他アプリはまったく引き継がれませんので、再インストールが必要です。

Nexus6 の大きさ

一万円札と同じくらいの大きさなどと、揶揄されていた iPhone6 Plus。

それよりももう少し大きな Nexus6。

当初購入をためらっていたのも、この大きさ。

衝動買いしてしまったものの、さて、実際触ってみたところ・・・。

デカイ!

としか言いようがありません。

いろんな記事では、本体がカーブしているから持ちやすいとか、Nexus5 よりも手にフィットするとか書いてあったような気がしますが。

いや、普通にデカイし。

ズボンのポケットにも入りません。物理的には入りますが、歩く時まちがいなく邪魔です。

これは、鞄に入れて、スマートウォッチで通知を受けるなんて発想になりますね・・・。

でも画面は広い

タブレット級に広いですね。

Nexus 5 を持った時に画面が広いなと感じましたが、それとは比較にならないくらい広くて見やすいです。

nexus6-5

これならゲームも結構快適にできそうです。

Nexus6 のメリット ターボ電源

Nexus6 の売りの1つ。ターボ電源。

nexus6-turbo

15分で、6時間使用できる(あくまで何%充電するとは言わないところがポイントか?)というのが売りの1つです。

まだ、検証というレベルで実施はしてませんが、残り5%から充電をして実験。

およそ 45 分で 80% まで充電出来ました。

確かに Nexus 5 より速いです。多分。

個人的には、朝起きて「あ。やべえ。電池残り5%だ」

というのをよくやらかします。

そういう時に15分位でどこまで充電してくれるかによってこの機能の本領が判るでしょう。

大きさがネックだったとは言え

購入の際にその「大きさ」がネックだった Nexus6 ですが、実際触ってみた結果「色々できそうだなあ」。

と、感じます。

Nexus5 とは SIM サイズが違う

Nexus5 からの移行になりますが、SIM サイズが違います。

Nexus6 は「Nano SIM」 です。

Nexus5 は「Micro SIM」です。

残念ながら併用ができません。Nexus5 は実験機になる運命でしょうか。

そうなると、Galaxy Nexus の行き先は・・・。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク