出張精算が簡単に。Nexus5でSuicaカードを読み取るAndroidアプリ「Suica Reader」

スポンサーリンク

出張が多いとつい出張精算も後回しに・・・。

※5月6日追記 使用履歴には上限があるため、定期的に「履歴に追加」をしないと遡れなくなるようです。

国内で販売されているAndroid アプリには「おサイフケータイ」なる機能がついています。

こちら、国内の電子マネーと連携して、使える便利な機能なんですが残念ながら Nexu5 にはその機能はありません。

しかし、Androidには「NFC」 という機能がついています。

NFC、通称「Androidビーム」とは

Android 端末には NFC と呼ばれる機能がついています。

これは、Near Field Communication略です。

日本語では「近距離無線通信技術」。

ガラケーについていた「赤外線通信」みたいなものです。

また、Felica もありますが、NFC はこの上位規格にあたります。

「Android ビーム」とはこの NFC を利用した機能の総称。

といった感じです。

NFC で Suica カードを読みとる

はじめにかいた通り Android には「おサイフケータイ」機能はありません。

しかし、この NFC を利用することで、カード情報などを読み取ることができます。

利用する際には定期的に「履歴に追加」を

カード内に蓄積される情報には限度があるようです。

時々「履歴に追加」で、端末に情報を残しておかないと古い履歴が消えるようです。

ちょっと、めんどくださいですが、思い出した時に保存しておく必要があるようです。

suica-rireki

Suica Reader
yanzm
価格:0  平均評価:4.4(608 件)

こちらのアプリをインストールすると読み込めます。

利用する前に NFC の設定を確認

こちらのアプリ NFC の設定を「ON」 にしておく必要があります。

「設定」>「その他」>「無線とネットワーク」

にあります。

チェックを入れるだけです。

nfc-setting

「Suica Reader」を起動して読み込む

設定が終わったら、アプリを起動します。

「Suica」「Pasmo」などを端末(背面)に接触させます。

suica-reader-on

こちら、Suica と互換性のあるものなら大丈夫っぽいです。

使用したのは、福岡県市営地下鉄が発行している「はやかけん」。

はやかけん

こちら、Suica などと互換性があるので使用可能です。

実際、履歴を見てみると過去使用した履歴が出てきます。

suica-rireki

出張精算にすごく便利

出張精算の際、すごく便利です。

宿泊費や、飛行機の費用は大きいですし、会社自体が旅行会社や航空会社と契約していると、その窓口から申請すれば細かな精算はしなくても大丈夫だったりします。

しかし、現地での電車移動などはついつい、忘れてしまいがちです。

特に、電車代金などは後から調べるとなると面倒くさいです。

しかし、このアプリは一覧で「いつ、どこへ」行ったのかすぐわかります。便利です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク