Galaxy Nexus (sc-04d) にkitkat 4.4 をインストールする際の注意点

スポンサーリンク

Galaxy Nexus は Android4.3 で終了

Google の OS アップデート は端末の販売開始から、2年ほどらしく。

既にアップデート対象から外れてしまった Galaxy Nexus 。

個人的には、「実験用端末」ということで、現在も活躍中ですが、ちょっと使い道が出てきました。

せっかく使うなら、最新の Kitkat にしよう。ということで、kitkat 4.4を導入する事に。

公式なモノはインストールできないので、cyanogenmod を利用

ということで、インストールする訳ですが。

基本的なインストール方法は過去に cyanogenmod をインストールしたときと変わりなく。

【過去記事】
Galaxy Nexus SC-04Dへcyanogenmodをインストールする方法

ただ、いくつか変更点があったので、備忘録をかねて。

変更点は2点

1,cyanogenmod に新しいバージョンが出ている。

2,それにあわせて、Google 関連のファイルも更新されている。

以上の点が変わっているというか、こちらは随時更新されています。

ただ、今回インストールして、トラブった点が 「2」です。

「1」に関しては、cyanogenmod から新しいファイルをダウンロードしてくれば OK 。

cyanogenmod Galaxy Nexus(maguro)のダウンロード

「2」に関しても、同様で新しいデータを取ってくれば良いのですが。

Gapps のダウンロード

大きなサイズの Gapps は Galaxy Nexus ではインストールできない

上記のリンク先から、Gapps のファイルをだうんろーどするのですが、最初なにも考えずに「full」バージョンを選択。

こちら、「ClockworkMod Recovery」でインストールする際に「容量が足らないからダメー」。

と、ダメだし。

PICO サイズでリトライしたところ成功しました。

gapps-file

NANO サイズでも入るかもしれませんが、未検証。

ということで、これから Galaxy Nexus に Cyanogenmod を入れる方の参考になれば・・・。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク