Android OS断片化に改善

スポンサーリンク

ブログの割合と似ていて個人的な感覚としては、断片化はある程度解消されていると思います。

Google 曰く。

Android 断片化状況が改善 ― 半数近くの Android デバイスで Jelly Bean が稼働

とのことです。

おお。Androidの断片化に改善の兆しか!という感じです。

実際、私のブログのAndroidユーザーの分布のほとんどが4系のバージョンです。

日本の端末のAndroid osのアップグレードはそんなに積極的ではない印象をもっていたので、もっと2.3系がいるんじゃないかと思ったんですが・・・。

「機種変」という形で進んでいるのかもしれません。

私のブログにAndroid2.3でアクセスしてくる方がある一定上いらっしゃいまが、Googleの調査とほぼ同じ程度の割合です。

ガンダムファンにしか伝わらない表現ですが、各スマートフォンOSのイメージはまさしくこんな感じを持っています。

【面白画像】スマートフォンをガンダムに例えると・・・!?

スマートフォンOSをガンダムに例えたら

Android→装備の換装や多角開発が可能=ザク系
iPhone→長期間の利用に耐える垂直統合モデル=ガンダム系
WP7→汎用性、性能共に優れながら意外と評価の低い=ジム系

Android OSの強みと言えば、やはり自由度なわけですが、その自由度が仇になってる部分もありました。

実際日本だと、「おサイフケータイ」「ワンセグ」なる独自な国内サービスが組み込まれたりなど、これもこれで「ガラパゴス化」と、別の面で揶揄されますが、それが魅力だったりします。

そうした魅力もあるのですが、新しい物好きな性格としては、新しいOSにサッと乗り換えたかったりしますよね。(そのへんはiOSが優秀)

それぞれいろんな特徴があるから面白いんですが、ぜひほかのOSの良い所を実現していただけると嬉しいです。(もちろん、それが言うほど簡単では無いことはわかっているつもりですが・・・)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク