OS の名前に見る諸行無常的楽しみ方。次期Android バージョンの正式名称が「マシュマロ」に決定

スポンサーリンク

一応予定(うわさ)通り「マシュマロ」

ずーっと、お菓子の名前で統一されている Android OS の名前。

最近は、プレビュー版にて、

「Androdi L(後にロリポップ)」

今回は「Android M」

と、頭文字だけ公開されていました。

この正式名称が「マシュマロ(Marshmallow)」となったそうです。

まあ、多くの方にとっては、おそらく「どうでもいい」事だとは思いますが・・・。

アルファベット順でも続いている

もともともは社内の呼称?と言うことで公開されているモノではなかった様です。

また、「お菓子の名前」が注目されますが、名称はアルファベット順に並んでいます。

  • Android 1.0 Apple Pie (アップルパイ)※非公開
  • Android 1.1 Banana Bread (バナナブレッド)※非公開
  • Android 1.5 Cupcake(カップケーキ)
  • Android 1.6 Donut(ドーナツ)
  • Android 2.0/2.1 Eclair(エクレア)
  • Android 2.2 Froyo(フローズンヨーグルト)
  • Android 2.3.x Gingerbread(ジンジャーブレッド)
  • Android 3.x Honeycomb (ハニカム)
  • Android 4.0 Icecream Sandwich (アイスクリーム サンドウィッチ)
  • Android 4.1 Jelly Bean (ゼリービーン)
  • Android 4.4 KitKat (キットカット)
  • Android 5.x Lolipop(ロリポップキャンディー)
  • Android 6.? Marshmallow(マシュマロ)

といった順番です。

キットカットは、実際本当に商品とタイアップしたプロモーションもあったので、知っている人は多いかも知れません。

この順番で行くと、次はおそらく Android N という形になるとおもわれます。

アルファベットの最後まで行くなら、あと N を入れて、13個程残っていますが、Q とか、X にあと、Z といった頭文字で始まるお菓子って何かあるんですかね・・・。

徐々に気になり出す、ネタ切れ

私の様に、気の小さい人間からすると、

「え?そのうちネタ切れするけどどうするの?」

と、思ってしまうのが、この「一つのカテゴリで名前を付けるシリーズ」。

この命名シリーズで、最近方向転換をしたのが Apple です。

シリーズの名前っていつか底をつきますよね

Apple OSX の名前は「Cheetah」「Leopard」など猫科の動物で攻めていましたが・・・。

10.9 から

「Mavericks」

「Yosemite」

と、アメリカ カリフォルニア州の地名になりました。

猫科の動物ってのも、限りがありますからね・・・。

もちろん、そんなことは些細な事なんですよ。

スティーブン・ジョブズがこの世を去ったあと発表される最初のOSだったり、このバージョンから無料配布になったり、OSX としても新しい出発を意味すると言うことでは猫科の名前シリーズから代わるタイミングとしては絶妙です。

カリフォルニアは Apple も縁の深い土地です。

まあ、そもそも OS の名前が猫科の動物じゃなきゃダメだという縛りはないので、何でもよいといえばよいのですが。

ただこの、「街の名前」に代わる以前の

「猫科そろそろ名前無いけどどうするんだ!?」

と、どこからともなく湧いていた熱が「スーッ」と消えていって、

「何で街の名前なんだよ!」

みたいなツッコミもむなしく「スーッ」と消えていくような何もなかった感。

一時代が終わる諸行無常な感じがこの「一つのカテゴリで名前を付けるシリーズ」が迎える宿命なのかも知れません。

私も OSX ユーザーをやめてしまいましたが、初代「Cheetah」から10数年使った Mac OS。

自宅でときどき触るマシンの OS を猫科名最後の刺客 Mountain Lion で止めてしまっているのは偶然ではないと思っています。

OS の名前は歴史

とまあ、時間軸の長い話ですが、OS の名前はいずれ歴史流れを象徴するものになるのかも知れません。

いずれ、Android も今の「お菓子&アルファベット順シリーズ」を終える日がやって来るでしょう。

そのとき、「あ。一時代が終わったな・・・」。

と、過去を振り返ることが難しくなるほど、変化の激しい IT の世界。

その中でかろうじて長い時間を繋いで思い出させてくれるのは「番号」の並びより、こうした「名前」の方が印象的な気がします。

OSX 「Cheetah」が登場したときのワクワク感。

Android OS 1.5 Cupcake が登場したときのiPhoneと比較して感じた「え?これで大丈夫?」感。

「うん、まあ、カップケーキっぽいよね。どことなく」

と、自分の心に嘘をついた当時の記憶を鮮明に呼び起こしてくれます。

そんな諸行無常感を楽しみ、また次の名前を楽しみにしたいと思います。


ファミ通App NO.025 Android

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク