電池長持ち!モバイル環境を構築。Android でbluetooth デザリングを試してみる

スポンサーリンク

スマートフォンでモバイルルーター環境を設定してみたので

先日、格安 SIM の U-mobile へ乗り換えました。

それを機に Nexus5 をデザリング専用端末として活用しています。

使ってないスマホってどうしてますか?スマートフォンが一般的になって時間もだいぶ時間が経ちました。そろそろ「使ってないスマートフォン」がお家で眠っている。という人もいるんじゃないかと思います。こうしたスマホってどうしてますか?ネットで調べれば

こちらストレスなく使えていてとても快適です。

「使いたい放題」のプランなので、通信料を気にすることもなく。

某白い犬が出てくる会社のグループの一日たった 300MB の縛りからの開放感にあふれています。

ただ、この Wi-fi 運用で気になるのが電池の減り。

Wi-fi の親機となっている Nexus5 もそうですが、そこに紐付いている Nexus6 も電池の消費が激しい。

ということで、Bluetooth でのデザリングを試してみました。

Bluetooth のメリット。それは低電力

Bluetoothのメリットは「低電力」。

Wi-fi と比較すと、かなり電力消費を抑えることができるはず。

しかし、デメリットも無いわけではありません。

Bluethooth は規格上、Wi-fi より通信速度は出ません。

よって通常より遅くなることを覚悟する必要があります。

その分 Wi-fi をつなぎっぱなしにしても親も子も電池消費量を少なくできます。

外で PC でガッツリ作業する。

という場合には向かないかもしれませんが、携帯端末やタブレットでメールをチェックしたり、ちょっと調べ物をするには十分だったりします。

Bluetooth デザイリングの設定

ということで、早速設定。

※設定の項目名は、端末やら、OS のバージョンによって違うことがあるので、ご注意ください。

【STEP1】
まず、親(Wi-fiルーター)と子(ネットに接続する端末)の両方でBluetooth をONにします。

Bluetoothの設定は、

「設定」>「Bluetooth」>「ON」

で可能です。

【STEP2】
次に、親と子を「ペアリング」します。

Bluetooth を ON にすると、設定画面の下に使用可能なデバイスが見つかります。

自分の端末とは連想できない名前が出ることもあるので、周辺に他の Bluetooth 端末が無いところで設定するとわかりやすいです。

bluetooth-setting

こちらは親からでも子からでも設定は可能ですので、どちらか一方で「ペアリングOK」をしてください。

そうすると、Bluetooth のペアリングは完了です。

【STEP3】

次は、親機(ネットを共有する側)で行う設定です。

Bluetooth が繋がると、なんだかもうつながったように思えてしまうのですが、まだ「デザリング」ができる環境にはなっていません。

Bluetooth でデザリングを行える設定に切り替えます。

「設定」>「もっと見る」>「デザリングとポータブルポータブルアクセスポイント」> Bluetooth デザリングをON。

です。

【STEP4】

最後に。この設定は、子機側(インターネット接続を共有してもらう側)から設定します。

Bluetooth 端末の横に「歯車マーク」があるのでそちらから設定します。

bluetooth-share

使用目的の欄に「インターネット接続の共有」があるのでそちらにチェックを入れます。

これで設定は完了です。

本当にネット接続できているの?

これ、本当に Bluetooth でネット共有できているの?

と、思ってしまうかもしれません。

そのときは、端末の画面上に表示されている Bluetooth のアイコンを見てください。

普段の Bluetooth のマークに点が増えています。

【普段の Bluetooth】

bluetooth-share-off

【ネット共有が行われている Bluetooth】

bluetooth-setting-on

この表示が確認できたら、Bluetooth の接続完了です。

実際使ってみて

こちら、出張時に使用してみました。

スマホとペアリングして運用。

かつ、PC側は Bluetooth接続ができなかったので、Wi-Fi デザリングで使用しました。

お昼 12 時くらいから、20 時まで繋ぎっぱなしで運用したんですが、普通に電池持ちました。

20時の時点で親側の電池残量は 20% といった感じです。

おそらく、スマホ側を Bluetooth にしていなかったら、個人的な過去の運用感覚だと、間違いなく途中で切れていたと思います。

これはだいぶ助かりました。

今後の外出時の接続は「Bluetooth接続」がメインとなりそうです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク