【S51SE】sony Xperia miniをAndroid 4.0.4へアップグレードする。

スポンサーリンク

Android4.0じゃないと動かないアプリも徐々に出て来きたので・・・。

とまあ、いっても主にGoogleのアプリなんですが。
現在私の所有しているS51SE(E-Mobile sony Xperia mini)では、Androidバージョンが
2.3(GingerBread)でして、Google カレンダーやGoogle Chromeは動きません。
実はこの2つを使う気が無いので、Android4.0へ無理やりアップグレードする必要が
あるのかは疑問ですが、そろそろこの携帯にも飽きてきたので(1年も使ってないのですが)Android4.0へ移行を考えてみたいと思います。
※このアップデートはメーカーの保証対象外となる行為です。文鎮化(いわゆる携帯電話として使い物にならない状況)になる可能性も高いです。実施する場合は、自己責任でお願います。
まずは、情報収集。過去にアップデートを敢行された先人の方々の状況を見てみます。
先人の方々に感謝です。
以下、参考にしたサイト
・主にS51SEをAndroid4.0へアップグレードについて
・アップグレードの際使用するツールの使い方について
といったサイトを参考にしました。
実行環境は、windows XPにて行なっています。(Linux Mint 13 maya でも行ったのですが、デバイスの認識が上手く行きませんでした)また、仮想環境のwindows XPでも行なっていますが、最後のFlash Modeで接続が上手く行きません。現状、windowsでの実施が
最も無難なようです。

【アップデートに必要なファイル】
準備するファイルは以下の通りです。
  1. Flashtool-0.9.9.0(2012.11.22最新):ページ内Installationのタブ内のリンク
  2. ST15_4.1.B.0.431_NO.zip:サイト内のIV. Flash 4.0.4 ROM: の項目にあるXperia mini hereのリンクから。
  3. Xperia-ROOT.rev3.zip:サイト内のIII. Preparations to root 4.0.4 ROM: の項目にあるhereのリンクから。
以上のファイルを予め準備ます。
【手順1】
現在のS51SEのrootを取る。
手前味噌の記事ではありますが、SE51root化の記事を参考にしていただければ良いはず。

【手順2】
Xperia-ROOT.rev3.zipを適当な場所に解凍。
S51SEをデバッグモードをONにして、USBケーブルで接続。デバッグモードは端末の
設定から、アプリケーション>開発をたどると、ONできる。

接続できたら、解凍したXperia-ROOT.rev3のなかから、01-local-prop.cmdをダブルクリックして実行。

まずは、こういう感じに。
Enterで次へ進みます。
確認が入ります。
  1. USBケーブルでつないでる?
  2. デバッグモードは有効?
  3. 端末はスリープしてない?
  4. ルートにアクセスできる?
といったところです。問題なければEnter。

完了すると、こんな感じ。


【手順3】
Flashtoolをインストールする。
ダウンロードしてきたFlashtoolのexeファイルをダブルクリックです。
C:配下にディレクトリができていることを確認しておきます(作業は不要、目視だけ)

【手順4】
ST15_4.1.B.0.431_NO.zipを解凍して、ST15_4.1.B.0.431_NO.ftfを取り出す。
このファイルを、【手順3】でインストールしたFlashtoolにセットします。

セットするのは、C:配下にあるFlashtoolディレクトリの、firmwaresディレクトリの中になります。こちらにST15_4.1.B.0.431_NO.ftfをコピーします。
【手順5】
※注意:Sony Companionはインストールされていますか?
こちらが入ってない場合は、端末を認識できず、Flash toolにて「ドライバがない。」的なエラーが出ます。インストールされていない場合は、先にSony Companionのインストールが必要になります。

Flashtoolを起動します。0.9.9.0バージョンでは最初にwindowが2つ開きます。
1つは、メイン画面、もうひとつが機種の選択画面です。(画像はメイン画面)
機種の選択画面で、Xperia miniを選びます。

【手順6】
画面左上の「カミナリボタン」を押します。
「Flashモード」と、「Fastbootモード」の選択肢が出ます。
「Flashモード」を選択します。

どのFirmwareを利用するか選択肢がでます。
ここでは、ST15とX10が出るとおもわれます。ST15を選びます。

【手順7】
画面右にあるチェックボックスですが「Wipe Data」のチェックボックスを外します。
右下の「OKボタン」です。

※この段階ではまだ端末はUSBにて接続の上、スリープしないようにしていたほうが
無難そうです。

【手順8】

画面上に「USBケーブルを外せ」「電源を落とせ」といった指示が流れます。
※ここで、私の場合USBケーブルを抜くと、端末がシャットダウン。
その後一切の操作を受け付けなくなりました。(どうも、電源が落ちておらず、画面がブラックアウトしていただけのよう)解決策としては「電池を抜く」ことで再起動することが出来ました。もし、この状況に陥った場合は、電池を抜いて再起動後、【手順5】からやり直してください。

【画面がブラックアウトする回避策】
指示の手順は、
USBケーブルを抜く→電源を落とす
の順番ですが、先に電源を落としても問題ありません。

【手順9】
電源が落ちたら、USBを抜き、ボリュームダウンのボタンを押したまま、再度USBを接続します。これがFlashモードという接続らしいです。
接続が認識されると書き込みがスタートします。
後は待つだけです。

※「完了」と言ったわかりやすい通知が有りません。LOGが流れるのをみて、最後に
Flash Modeで接続しています。(本番は英語表記です)
といった指示が出て止まっているようだったら終わっています。

【手順10】
端末の電源を入れて、再起動します。
※ここで私の場合、ブートがループしました。
再起動後まず「Sony」のロゴが立ち上がります。
次に「Xperia」のロゴが立ち上がります。
これがループ・・・。

【起動がループしてしまう回避策】
電池を抜きます。再度電池をいれて再起動。これで解決しました。

【正常起動】
起動が正常に完了すると、アプリケーションのアップグレードが始まります。

【手順11】
rootを取ります。
ふたたびUSBで端末をPCと接続。(通常接続。Flashモードではないです。)
「手順2」で使用したXperia-ROOT.rev3から02-push-root-files.cmdを実行。
これで、rootが取れるはず・・・です。

【完了】
あとは不要なアプリなどをアンインストールなどして調整してください。
もしかしたら、アップデートなど走るかもしれません。
基本アップデートしても大丈夫です・・・。(私の場合は大丈夫でした。)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク