【OSX】Android SDK いわゆる開発環境を導入してみる

OSXでAndroidを導入してみました。
以下、その手順です。
統合開発環境は取り入れてませんのでご注意を。
個人的にどーも馴染まないのでいれてません。まあ、本格的な開発者無いので
すいません。

Android SDKのデータをダウンロードします。
http://developer.android.com/sdk/index.html

OSXの場合、この記事を書いてる段階では、android-sdk_r08-mac_86.zip
が最新版になります。こちらをダウンロードします。
ダウンロードが終わったら、zipファイルを展開しときます。

ディレクトリ名の変更と、移動

android-sdk-mac_86

展開すると以上のようなディレクトリが出来ます。今後使いやすいように
リネームします。今回はandroid-sdkなどと、しておきます。
リネームしたら、Applicationディレクトリに移動しておきます。

ターミナルからパスを通す
フォルダを移動したら、ターミナルから利用出来るようにパスを通しておきます。
Androidのエミュレータなどは先ほど展開したディレクトリの中の「tools」の
なかにありますので、ここにパスを通します。
ターミナルを起動して、以下のコマンドを入力、実行します。

export PATH=$PATH:/Applications/android-sdk/tools

パスが通ったか、確認する
ちゃんとパスが出来るかどうかを確認します。
ターミナルから、「ddms」と入力してみます。ちゃんとパスが通っていれば、
次のような画面が起動するはずです。

これで、一旦導入は完了です。あくまで、導入しただけですがw
他にも、エミュレーターなどもありますが、実際自分で利用したら、またご報告したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク