【debian】evernoteのかわりに、Nevernote

Linux版everboteがない現状、wineでevernoteを起動していたのですが、
これがあまりにも頼りなく・・・・。
とても運用できるレベルではなかったので、別にクライアントはないものかと
探してみたところ、あったのが「Nevernote」早速インストールしてみようと思ったのですが
いくつか壁が。
・java1.6以上
・jambiが必要
というのをクリアしないとならないようです。

debianのjavaを1.6に
自分の環境、debian squeezeのjavaを確認してみると。

java -version

と、すると java1.5となっています。これをまずはバージョンアップする必要があります。

まずは、SUNのサイトで.binファイルをダウンロードしてきます。
http://java.sun.com/javase/ja/6/download.html
こちらのサイトからダウンロードしてきます。今回は
「jdk-6u23-linux-i586.bin」をダウンロードしました。
ダウンロード場所はどこでもいいようですが、
これを実行するために実行権限を設定しておきます。

chmod +x jdk-6u23-linux-i586.bin

続けて実行。

./jdk-6u23-linux-i586.bin

これでインストールします。インストールが終わると、SUNのレジストリページに飛ばされますが
無視しても大丈夫なようです。
インストールがおわったら、新しいjavaが起動するように、シンボリックを設置ますます。

sudo update-alternatives --config java

このコマンドを選択すると、いくつかパスの選択肢がでますので、
java6のパスを選びます。選んだら、もう一度、バージョンを確認してみます。

java -version

これで、java1.6といった表示が出ればオッケーです。

jambiをインストールする
こちらもサイトからダウンロードしてきます。
http://qt.nokia.com/downloads
今回取得したデータは、qt-creator-linux-x86-opensouce-2.0.2.bin です。
こちらも.binファイルになるので適当な場所にダウンロードしたら、

chmod +x qt-creator-linux-x86-opensouce-2.0.2.bin

で、実行権限をあたえて、

./qt-creator-linux-x86-opensouce-2.0.2.bin

として、実行です。あとは、インストール画面が出てくるので、指示に従っていけば完了です。
以上、2点がインストールできたら、ようやく本番のNevernoteです。

Nevernoteをインストールする
Nevernoteはこちらからダウンロードできます。
http://nevernote.sourceforge.net/
これもまた、.binファイルなので

chmod +x http://nevernote.sourceforge.net/

と、実行権限をあたえて

./http://nevernote.sourceforge.net/

これでインストールが始まります。
インストールがおわると、/usr/share/nevernote/nevernote.sh
を実行することで、起動できます。毎回フルパス起動はめんどくさいので、
GNOMEなどのランチャに設定してしまうか、パスを通すかです。

パスを通すにもいろいろやり方はあるかとおもいますが、
個人的にはあらかじめ ~/bin に nevernoteというファイルを作成して

!/bin/sh
exec /usr/share/nevernote/nevernote.sh

と、記述した上で、実行権限をこのファイルにあたえて、パスを通してます。

ランチャはそれぞれ使われているランチャで

/usr/share/nevernote/nevernote.sh

を設定しておけば、大丈夫かとおもいます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク